ICDロゴ

インク・リボン (ink ribbon)

最終更新日: 2002/11/10

 プリンタ印字用のインクを供給する部品。一般に細長い平ひも(リボン)状の形状をしていることからこのように呼ばれる。もともとはタイプライターで利用されていた。

 ドット・マトリクス・プリンタ(ドット・インパクト・プリンタ)では、印字ヘッドと紙の間にこのインク・リボンを配置し、インク・リボンの上から印字ヘッド部にある小さなハンマー(実際には電磁石で駆動される細いワイヤ)で紙を打ちつけることで、インクを紙に転写する。ドット・マトリクス・プリンタで使われるインク・リボンは、細長い布にインクを染み込ませたもので、印刷するたびにリボンも移動させて(巻き上げて)、常にインクの染み込んだ部分が印字ヘッドの位置にくるようにしている。通常は1度だけでなく、何回か(何往復か)再利用することができるが、使用回数が増えると印字結果がムラになったり、薄くなったり、最悪の場合はリボンそのものが破損してしまうこともある。

 熱転写プリンタでは、熱で溶融・昇華するインクを塗布した細長いフィルムを印字ヘッドと紙の間に配置し、印字ヘッドを熱して、リボンのインクを紙に転写する。一度使用すると印字した部分のインクが紙に転写してなくなってしまうので、巻き戻して再利用することはできない(繰り返し利用できるように改良されたタイプもある)。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -