AIX、Linux、Windowsに加えて新たな選択肢を提供

IBM、サンのSolarisを自社サーバ搭載へ

2007/08/17

 米IBMと米サン・マイクロシステムズは8月16日(現地時間)、IBMがx86ベースのSystem xサーバおよびBladeCenterサーバでSolaris OSを選択肢に加えたと発表した。BladeCenter HS21、LS41、System x3650、System x3755、System x3850が対象となり、AIX、Linux、Windows Serverに加え、顧客はSolaris OSを選べる。IBMはパートナーを通じてサポートプログラムであるSolaris Subscriptionも販売する。新たな合意に加えて、両社はシステムの検証にも共同で投資する。

 Solaris OSはIBMのWebSphere、Lotus、DB2、Rational、Tivoliをはじめ、x86アーキテクチャ上で3000以上のアプリケーションをサポートする。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -