「ソフトウェア+サービス」戦略を説明

MSバルマーCEO、「10年後、ほとんどの企業データはネット上に」

2007/11/08

 マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー(Steve Ballmer)氏は11月8日、日本のパートナーイベントで講演し、インターネットとパッケージソフトウェアを組み合わせる「ソフトウェア+サービス」(S+S)のビジネスモデルにパートナーも対応するよう呼びかけた。

 講演は従来のビジネスモデルに固執するパートナーに対する“決別宣言”とも取れる内容で、マイクロソフトの姿勢変更が鮮明になった。「10年後にはほとんどの企業でデータやトランザクション、システム管理機能をインターネットクラウドに格納し、リッチPCクライアントやWebブラウザ、携帯電話から利用するようになる」とバルマー氏は説明。「私はその将来を信じている」と言い切った。

 まるでグーグル幹部のような発言だが、マイクロソフトがS+S戦略を実現するには複雑なジレンマに対応しないといけない。1つはWebブラウザをクライアントにするSaaSモデルに急激に移行すると、マイクロソフトのパッケージ製品主体のビジネスモデルが崩壊してしまうことだ。そのためマイクロソフトは単なるSaaSではなく既存のパッケージ製品を組み合わせるS+Sを訴えているのだ。

ms01.jpg マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏

 バルマー氏は「競合他社にはすべてがWebブラウザに移行するという声もあるが、私は信じない。むしろ大部分のユーザーは(パッケージ製品による)リッチPCクライアントとWebブラウザ、携帯電話を利用する」と指摘し、S+S戦略の有効性を強調した。1つの例としてクライアントアプリケーションでありながら、Webメールのクライアントになったり、携帯電話と連携したりする「Microsoft Outlook」を紹介した。

 もう1つのジレンマはバルマー氏の発言を聞きに集まったパートナーの今後だ。マイクロソフトの売り上げの98%はパートナー経由といい、「パートナー様の協力がマイクロソフトのビジネスの基礎」(代表執行役兼COO 樋口泰行氏)。しかし、S+S戦略を推し進めることは、マイクロソフト製品の再販、導入、カスタマイズ、サポートなどで成り立っているサポート各社のビジネスに大打撃になる可能性がある。

 バルマー氏はS+S戦略について「PCとエンタープライズ、インターネットクラウド、携帯電話のよいところを組み合わせてプラットフォームを開発する」と説明し、パートナー各社がそのプラットフォーム上で独自ビジネスを展開可能と語った。「マイクロソフトの製品、サービスを売ってくれた場合、S+Sでもマージンを得られるようにする」という。

 さらに「約15年前にはWindowsにTCP/IPスタックを実装するというビジネスを行うパートナーがいた。その後WindowsがTCP/IPに対応したことで、そのパートナーからは『仕事を奪われた』との声が挙がった。しかし、そういう移行は同時にパートナーに対して大きな機会を生んだ面もある。S+Sはパートナーに対して新しい機会を生み出すだろう」と話した。

ms02.jpg 「マイクロソフト パートナー・オブ・ザ・イヤー 2007」を受賞したパートナー各社の前で挨拶するバルマー氏

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ


- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...