.NETもSQLもクラウドで、開発はVisual Studioで

クラウドOS「Windows Azure」と対応サービスを発表、MS

2008/10/28

azure01.jpg クラウド向け新OSと、新サービスを発表する米マイクロソフトのチーフ・ソフトウェア・アーキテクト レイ・オジー氏(米マイクロソフト発表資料より)

 米マイクロソフトは10月27日、クラウドコンピューティング向けOS「Windows Azure」(アジュア)と、同OSを使って構築したアプリケーションホスティングサービス「Windows Azure Platform」を発表した。米国カリフォルニア州で開催中のProfessional Developers Conference 2008(PDC)で明らかにした。発表と同時に限定的なCTP(Community Technology Preview)の提供を開始した。

 Windows AzureはWindows Server同様にマイクロソフトのサーバOSだが、個別に入手、インストールするOSではなく、マイクロソフトがサービスを運営するための基本ソフトウェアとなる。個別ハードウェアを抽象化して、クラウド向けアプリケーションや、それらを走らせる各種サービスをホストする基盤レイヤとなる。

azure02.jpg Windows Azure Platformの概要

 Windows Azure Platformサービスは2009年下半期にリリース予定。価格体系は明らかにされていないが、CPU利用時間、利用ネットワーク帯域、利用ストレージ容量、トランザクション数などに基づいて課金されることになる。サービスの利用には、グラフィカルな管理ツールが利用できるという。

 Windows Azure上には、IIS7.0と.NET 3.5 SP1のホスティング環境のほかSQLサーバに相当するストレージ系サービスなどが稼働し、開発者はこうしたサービスを利用するアプリケーションを作成できる。サービスのAPIはSOAPやREST、AtomPubなどWeb標準に基づいているという。なおマイクロソフトはWindows AzureのFAQの中で、ASP.NETや.NET以外のネイティブコードについても互換性を高めるべく開発を続けているという。

 アプリケーション作成には、ASP.NET、IIS、Visual Studio 2008といった既存の同社ソフトウェアを利用できるほか、Eclipse、Ruby、PHP、Pythonといった言語・開発環境も使える。クラウド向けに作成したアプリケーションは“Fabric Controller”と呼ぶ技術により、高いスケーラビリティを持つという。利用者は従来通りオンプレミス型のサーバと、クラウド型の新サービスをニーズに応じて自由に連携させて使うことができる。

 Windows Azure Platformが提供するサービスは具体的には以下の通り。

  • 「Microsoft .NET Services」は.NETアプリケーションをクラウド上で稼働するためのサービス群。現在はアイデンティティとアクセス制御をおこなう「Access Control Service」、インターネット上でESBのようなメッセージのハブ機能を提供する「Service Bus」、メッセージ制御や管理を行う「Workflow service」の3つを提供する。
  • 「Microsoft SQL Services」はデータベース関連の機能を提供するサービス。RDBMS的なクエリや検索だけでなく、将来的にはレポーティング、分析、モバイル端末やリモート環境でのデータの同期の機能などを提供することになる。現在のところ「Microsoft SQL Data Services」だけがテスト向けに提供されている。ストレージ系サービスとしては、SQL Data Services以外にも、より低コストで大容量データを扱える「Windows Azure Storage Service」も使えるという。データは3重化されている。
  • 「Live Services」はPC、携帯電話端末でアプリケーションやWebサイトを通して文書や写真といったユーザーのデータを蓄積、共有、同期するサービス。
  • 「Microsoft SharePoint Services and Microsoft Dynamics CRM Services」はビジネス向けのコラボレーションサービスの機能を提供する。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える

キャリアアップ


- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...