Linux Tips

システムサービスの起動・停止方法

北浦訓行
2001/4/19

 デーモン(システムサービス)は、システムに常駐して必要なときに動きだすプログラムだ。従って、デーモンが動作していないとそのデーモンが行うサービスを受けることができない。例えば、ネットワークを管理するinetdやドライブの自動マウントを行うautofs、Windowsなどとファイル共有を行うsmbdなどはすべてデーモンだ。

 このデーモンを起動するかどうかを指定するのは、Red Hat系のLinuxではntsysv、Turbolinuxではturboserviceというコマンドだ。

サービスを選択して、[Space]キーを押すと、起動しているサービスは停止し、停止しているサービスは起動する(画像をクリックすると拡大表示します)

 ntsysvは、システム起動時の状態を設定するだけで、起動しているサービスを停止したり、停止しているサービスを起動したりすることはできない。その場合は、/etc/rc.d/initd/ディレクトリにある、各デーモンの起動スクリプトを、start、stopなどのオプションを付けて実行する。例えば、smbdを起動する場合は、以下のコマンドを実行する。

# /etc/rc.d/init.d/smb start
Starting SMB services:                                     [ OK ]
Starting NMB services:                                     [ OK ]

 現在の状態を知りたいときは、statusというオプションを付ける。

# /etc/rc.d/init.d/smb status
smbd (pid 959) is running...
nmbd (pid 968) is running...

 turboserviceの場合は、ntsysvとは違って、設定した時点でサービスが起動したり、停止したりする。

サービスを選択して、起動させたい場合は[S]キーを、停止させたい場合は[X]キーを押す(画像をクリックすると拡大表示します)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH