Linux Tips

空のファイルを作成するには

北浦訓行
2001/5/10

 空のファイルとは、サイズが0byteのファイルだ。空のファイルは、プログラムのインストール時などに作成する必要が出てくることがあるので、覚えていて損はないだろう。例えば、quotaを使用するときは、ファイルシステムの状態を保存しておくデータベース用の空ファイルを作成する必要がある(ディスクの使用量を制限するには参照)。

 空のファイルを作成する方法は幾つかある。代表的なのは、touchコマンドを使用する方法だ。touchコマンドは、本来はファイルのアクセス時刻や修正時刻を変更するためのコマンドだが、以下のようにするとファイルがない場合は新たに空のファイルが作成される。

$ touch newfile
$ ls -l
合計 0
-rw-r--r--    1 user     project         0 Apr 23 01:36 newfile

 また、echoコマンドとリダイレクションを組み合わせても、空のファイルを作成することができる。

$ echo -n > newfile
$ ls -l
合計 0
-rw-r--r--    1 user     project         0 Apr 23 01:36 newfile

 echoコマンドで指定した-nは、行末の改行を行わないためのオプションだ。これを付けないと、改行コードが含まれた1byteのファイルが作成されてしまう。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH