Linux Tips

リダイレクションで出力を追記するには

北浦訓行
2001/6/7

 リダイレクション機能で標準出力をファイル化するには、以下のように「>」を使用する。

$ ls > ls.txt

 続いて、別の結果を同じファイル(ここではls.txt)にリダイレクトすると、前に保存したls.txtの内容は消えてしまう。しかし、「>」の代わりに、「>>」を使用すると、ファイルの末尾に結果が追記される。

$ cal >> ls.txt
$ cat ls.txt
ls.txt
tips.euc.txt
tips.sjis.txt
tips.txt
      5月 2001
日 月 火 水 木 金 土
       1  2  3  4  5
 6  7  8  9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 なお、「$ cat < ls.txt > ls.txt」のように、存在するファイルに対して入力と出力を同時に行うと、ls.txtの内容は消えてしまう。これを防ぐには、.bashrcなどに以下の設定を記述しておくといい(試してみるだけなら、シェルで実行することも可能)。

set -o noclobber

 すると、以下のようなエラーメッセージが表示されて、存在するファイルに対して入力と出力を同時に実行することはできなくなる。

$ cat < ls.txt > ls.txt
bash: ls.txt: Cannot clobber existing file

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH