Linux Tips

MP3データを再生するには

北浦訓行
2001/8/23

 MP3(MPEG Audio Layer-3)は、音声データのデジタル圧縮技術のことだ。あらためて紹介するまでもないが、最近では携帯電話やデジカメ、カーナビなどの電子機器でもMP3が再生できるものが販売されていて、PCユーザー以外の人たちにも知られるようになっている。

 LinuxでMP3のデータを再生するときは、専用のプレーヤーソフトウェアを使用する。ここでは、コマンドライン用のmpg123とX Window System用のXMMSを説明する。

 mpg123は、コマンドラインからMP3データを再生するプレーヤーだ。最新版はmpg123のWebサイト(http://www.mpg123.de/)からダウンロードできる。RPMパッケージが用意されているディストリビューション(Vine LinuxではVine Plus)は、そちらをインストールした方が簡単だ。

 RPMパッケージがない場合は、mpg123のWebサイトからダウンロードしたmpg123-x.xx.tar.gzというファイル(2001年8月時点ではmpg123-0.59r.tar.gz)を展開して、インストールする。

# tar zxvf mpg123-0.59r.tar.gz
# cd mpg123-0.59r
# make linux-help ←Linux向けの最適化オプションが表示される

There are several Linux flavours. Choose one:

make linux          Linux (i386, Pentium or unlisted platform)
make linux-i486     Linux (optimized for i486 ONLY)
make linux-3dnow    Linux, output 3DNow!(TM) optimized code
                    (ie with 'as' from binutils-2.9.1.0.19a or later)
(省略)
# make linux ←i386およびPentium用の最適化を行う
# make install ←インストールする

 以上でmpg123のインストールは終了だ。再生は以下のように行う。

$ mpg123 -b 1000 -v bad_love.mp3 ←.mp3ファイルは複数指定可能
High Performance MPEG 1.0/2.0/2.5 Audio Player for Layer 1, 2 and 3.
Version 0.59r (1999/Jun/15). Written and copyrights by Michael Hipp.
Uses code from various people. See 'README' for more!
THIS SOFTWARE COMES WITH ABSOLUTELY NO WARRANTY! USE AT YOUR OWN RISK!
Title  : Bad Love Artist: Eric Crapton
Album  : Clapton Chronicles : The Best Year : 0
Comment: Created by Grip Genre : Other

Playing MPEG stream from bad_love.mp3 ...
MPEG 1.0, Layer: III, Freq: 44100, mode: Joint-Stereo, modext: 0, BPF : 418
Channels: 2, copyright: No, original: Yes, CRC: No, emphasis: 0.
Bitrate: 128 Kbits/s, Extension value: 0
Audio: 1:1 conversion, rate: 44100, encoding: signed 16 bit, channels: 2
Frame# 1521 [10506], Time: 00:34.01 [04:40.16], [ 1009152]
[5:14] Decoding of bad_love.mp3 finished.

 -bオプションは、出力バッファを使用するときに指定する。MP3の再生には、かなりのCPUパワーを使うので、別のプログラムを実行すると正常に再生できなくなってしまう場合がある。出力バッファを指定すると、それを回避することができる。-bオプションを指定すると、mpg123を実行してから音が鳴り始めるまでに若干のタイムラグが発生する。

 -vオプションは、再生しているフレーム番号などの情報を画面に表示するときに指定する。

 XMMSは、X Window System用のMP3プレーヤーだ。以前はx11ampと呼ばれていた。TurbolinuxやRed Hat、Vine Linuxなど、多くのディストリビューションでデフォルトでインストールされる。

 XMMSを起動して再生ボタンをクリックすると、[ファイル読込]ダイアログボックスが表示される。そこでMP3ファイルを指定すれば再生できる。[Ctrl]キーを押しながらファイルをクリックすれば、複数のファイルを指定することもできる。

デフォルトではシンプルなXMMSの画面。プレイリストやグラフィックイコライザを表示させることもできる

 Linux用のMP3プレーヤーは非常に多くの種類が公開されているので、日本Linux協会のWebページ(http://www.linux.or.jp/link/media.html)などを参考に探すといいだろう。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH