Linux Tips

FTPサイトに置かれているmd5sumとは

北浦訓行
2001/8/30

 FTPサイトからファイルをダウンロードする際に、md5.sumとかSUMS.md5sumといった「md5sum」という単語を含んだファイルを見かけたことがある人もいるだろう。

Netscapeで表示したXFree86のFTPサイト。SUMS.md5sumがファイルのメッセージダイジェストを記録したファイル

 これは、「メッセージダイジェスト」というファイルの指紋(fingerprint)を記録したファイルだ。メッセージダイジェストは、128bitのチェックサム(ファイル内に含まれるデータの合計)で、FTPサイトに置かれているメッセージダイジェストとダウンロードしたファイルのメッセージダイジェストを比較することで、正常にダウンロードできたかどうかを確認できる。メッセージダイジェストを記録したファイル(ここではSUMS.md5sum)の内容は、以下のようになっている。

f46d8080b45c71db47e77d0281a08c0a BugReport
d3c32e2637e2f91baf98daf635efec92 Install
d6804bbd2db69b021628383e4dbfe99e README
ff5cbc3d8360fe0b6dc2a946136914e5 RELNOTES
082ea1d237412389e2190df515cde646 Xbin.tgz
(省略)

 メッセージダイジェストを表示したりチェックしたりするには、md5sumコマンドを使用する。Xbin.tgzというファイルのメッセージダイジェストを表示するには、以下のようにする。

$ md5sum Xbin.tgz
082ea1d237412389e2190df515cde646 Xbin.tgz

 FTPサイトで公開されているメッセージダイジェストと比べれば、正しくダウンロードできたかどうかが分かる。

$ cat SUMS.md5sum | grep Xbin
082ea1d237412389e2190df515cde646 Xbin.tgz ←上記のメッセージダイジェストと同じなので、正しくダウンロードできたことが分かる

 しかし、いちいちファイルのメッセージダイジェストを目で比較するのは大変だ。md5sumコマンドには、ファイル名とチェックサムの情報をファイル(ここではSUMS.md5sum)から読み込んで、ダウンロードしたファイルと比較する機能がある。この機能を使えば、長いメッセージダイジェストを見比べる必要はなくなる。

 ダウンロードしたファイルのチェックサムを比較するには、--checkオプションを指定し、引数としてチェックサムを記録したファイルの名前を指定する。

$ md5sum --check SUMS.md5sum
BugReport: 完了
Install: 完了
README: 完了
RELNOTES: 完了
Xbin.tgz: 完了
Xdoc.tgz: 完了
Xetc.tgz: 完了
(省略)

 ダウンロードに失敗したなどの理由でファイルの内容が異なっていると、以下のようなメッセージが表示される。

$ md5sum --check md5.sum
Xbin.tgz: 失敗
md5sum: 警告: 1 の内 1 のチェックサムが一致しませんでした

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH