Linux Tips

ディスプレイの省電力機能を使用するには(XFree86 4.x編)

北浦訓行
2002/1/31

 XFree86 4.xで省電力機能を利用するには、/etc/X11/XF86Configを編集する。rootでログインし、テキストエディタで/etc/X11/XF86Configを開く。

 Monitorセクションを探して、以下の行を追加する。

Section "Monitor"
        Identifier      "Monitor0"
        HorizSync       30.0-96.0
        VertRefresh     50.0-160.0
        Option          "DPMS" ←この行を追加する
        #VendorName     "EIZO / Nanao"
        #ModelName      "T760"
EndSection

 そして、上記のセクションに続けて、以下のセクションを追加する。ここで指定する数字の単位は分なので、注意が必要だ。

Section "ServerFlags"
        Option "StandbyTime" "10"
        Option "SuspendTime" "30"
        Option "OffTime" "60"
EndSection

 /etc/X11/XF86Configの編集が終わったら、X Window Systemを起動する。念のため、以下のコマンドで設定を確認しよう。

$ xset q

 なお、XFree86 3.xでディスプレイの省電力機能を使うには、ディスプレイの省電力機能を使用するには(XFree86 3.x編)を参照。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH