Linux Tips

Red Hat Networkを活用するには

北浦訓行
2002/11/21

 Red Hat Linuxには、「Red Hat Network」というシステム管理サービスがある。これを利用すると、インストールされている各プログラムを最新の状態に保つことができ、非常に便利だ。Red Hat Networkには、「デモ」「ベーシック」「エンタープライズ」の3つのサービスが用意されていて、「デモ」は無料で利用できる(利用方法はRed Hat Linux 7.1のパッケージを自動更新するには参照)。しかし、場合によっては以下のようなエラーが表示されて、更新作業ができないことがある。

Red Hat Networkで更新を行おうとするがエラーが発生

 これは、「デモ」で更新できるシステムが1台に限定されているために発生する。つまり、以前にRed Hat Networkにシステム情報を登録したことのあるユーザーは、別のPCまたは異なるバージョンのRed Hat Linuxでは、更新作業を行えないわけだ。では、有料の「ベーシック」を申し込むしか方法がないのかといえば、そんなことはない。やや煩雑ではあるが、Red Hat LinuxのWebサイトにログオンして、更新対象を切り替えればいいのだ。

 最初に、Red Hat NetworkのWebページ(https://rhn.redhat.com/)でユーザー名とパスワードを入力してRed Hat Networkにログインする。

Red Hat NetworkのWebページ。Red Hatのホームページから[RED HAT NETWORK]のタブをクリックしてもいい

 Red Hat Networkにログインしたら、左に表示されるメニューの[Entitlements]をクリックする。

Red Hat Networkにログインした画面

 画面を下にスクロールすると登録済みのシステム情報が表示されるので、アップデートしたいPCの[Entitled]を[Basic]にして、それ以外を[None]にする。そして、[Update Entitlements]ボタンをクリックする。

アップデートしたいPCの[Entitled]を[Basic]にする

 以上で設定は終了だ。Red Hat Networkからログアウトして、更新作業を行う。

 ちなみに、PCのリプレイスなどで登録したシステムを削除したい場合は、Red Hat Networkの[Entitlements]の画面で、削除したいシステム名のリンクをクリックする。すると、そのシステムの詳細が表示されるので、画面右下の[Delete System Profile]ボタンをクリックする。

システムの詳細情報画面

 警告の画面が表示されるので、削除してもよいなら下の[Confirm Deletion Of This System File]のボタンをクリックする。

削除の確認を求める画面

 なお、Red Hat Networkの「ベーシック」サービスには、以下のような利点がある。必要であれば、サービスを申し込むといいだろう(年間60ドル)。

  • 複数システムのアップデートを行える
  • 「デモ」よりも回線の帯域が広いため、ダウンロードなどが高速
  • システムの詳細な状況を一覧で確認できる
  • 最新版のISOイメージをダウンロードできる

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH