Linux Tips

PPPoEでインターネットに接続するには(RP-PPPoEのGUI編)

北浦訓行
2002/12/5

 PPPoEでインターネットに接続するには(CUI編)ではコマンドラインでPPPoEを設定する方法を紹介したが、最近のディストリビューションはGUIによる設定も可能だ。いずれの場合もrootでログインして、以下の順序で設定プログラムを実行する。

 TurbolinuxやVine Linuxの場合は、RP-PPPoEのGUI設定ツールで設定を行う。rootでログインしたら、X Window Systemを起動する。Turbolinuxの場合は、Kメニューの[インターネット]−[TkPPPoE]をクリックする。Vine Linuxの場合は、GNOMEメニューから[プログラム]−[インターネット]−[TkPPPoE]をクリックする。すると、RP-PPPoEの設定画面が表示される。

 [Connection Name]には接続するプロバイダ名、[User Name]にはプロバイダから指定されたユーザー名を「ユーザーID@プロバイダのドメイン名」のような形式で入力する。[Network]には、プロバイダで入力を指定されたドメイン名があるときは、それを入力する。[Password]にはPPPoE接続する際のパスワードを入力する。

RE-PPPoEの設定ウィンドウ

 また、設定する必要があれば、[NIC and DNS]タブ、[Option]タブ、[Advanced]タブをクリックして、必要な項目を入力する。[NIC and DNS]ではNICの指定やDNSのIPアドレスを入力する。DNSはプロバイダから指定があるときのみ入力すればいい。[Option]は、回線の接続・切断をroot以外のユーザーに許可する設定やファイアウォールの設定を行う。[Option]では、プロバイダから指定がある場合にサーバ名やAC名を入力する。

 設定が終了したら、左下にある[OK]ボタンをクリックする。回線の接続/切断などは、以下のウィンドウで行う。[Start]ボタンをクリックすると回線が接続され、[Stop]で切断される。もちろん、仮想ターミナルやコンソールからadsl-startコマンドやadsl-stopコマンドを実行しても構わない。

回線の接続・切断などを行うウィンドウ

注:LinuxをPPPoEクライアントでインターネットに直結する場合は、セキュリティの設定を十分に行わなければならない。インターネットへの接続設定を行う前に、使用しないポートはすべて閉じて、必要のないサービスは終了させておく(設定の途中でファイアウォールを設定するところはある)。設定法などについては、Linux Squareの連載「ゼロから始めるLinuxセキュリティ」などを参照するといいだろう。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ



- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケティング業務“精緻化”の流れを決定付ける――Marketo 取締役 若松幸太郎氏らインタビュー
先日、Marketo 取締役 若松幸太郎氏と電通イーマーケティングワン 第二営業本部 アカウン...

ビッグデータ活用で、期待の高いマーケティングの主要5分野はこれだ
マーケティングにおけるビッグデータの役割と効果について議論された米国でのイベント内...

マインドフリー、Facebook広告の効果的な運用を支援する「ADHub(アドハブ)」の提供を開始
マインドフリーは4月14日、Facebook広告運用支援ツール「ADHub(アドハブ)」の提供を始...