Linux Tips

RPMのリビルドで「unknown option」エラーが表示される

北浦訓行
2003/3/6

 SRPMファイルからRPMファイルをリビルドする際は、rpmコマンドに--rebuildオプションを付けていた。しかし、rpmコマンドがバージョン4になって--rebuildオプションが無効になったため、従来の方法では「unknown option」エラーが表示されてしまう。

 rpmのバージョン4以降でリビルドを行うときは、以下のように--rebuildオプション付きでrpmbuildコマンドを実行する。

# rpmbuild --rebuild xxxxxx.src.rpm

 バージョン4のrpmコマンドを搭載しているのは、Red Hat Linux 8.0やTurbolinux 8 Workstationなどだ。Vine Linux 2.6はバージョン3のままなので、従来のオプションが使用できる。

 なお、リビルドしたRPMファイルは、Red Hat Linuxは/usr/src/redhat/RPMS/i386/に、Turbolinuxは/var/src/rpm/SOURCESに作成される。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH