Linux Tips

ファイル単位でバックアップを取るには

北浦訓行
2003/4/24

 ファイル単位でバックアップを取るなら、cpioコマンドが便利だ。cpioコマンドは、標準入力でバックアップするファイルの一覧を指定し、バックアップの内容を標準出力に出力する。従って、findコマンドでファイルの一覧を作成して、パイプでcpioに渡すのが一般的だ。

 例えば、カレントディレクトリのバックアップを/tmp/backup.cpioというファイルにするときは、以下のコマンドを実行する。ここで指定しているオプションは、-oが出力モード(コピーアウトモード)、-aがアクセスタイムの再設定(最後にアクセスした時間の保存)を意味する。

$ find . | cpio -oa > /tmp/backup.cpio

 次に、作成したバックアップファイルの内容を見てみよう。バックアップファイルの一覧を表示するときは、以下のコマンドを実行する。ここで指定しているオプションは、-iが出力モード(コピーインモード)、-tがファイル名の一覧表示を意味する。

$ cpio -it < /tmp/backup.cpio

 最後に、ファイルのリストアを行ってみる。例えば、/tmp/backup.cpioに保存した/home/nori/list2というファイルをリストアする場合は、以下のコマンドを実行する。ここで指定しているオプションは、-iが出力モード(コピーインモード)、-mがファイルの更新時刻をもともとのファイルの時間に設定することを意味する。-mを指定しないと、リストアした時刻がアクセスタイムになったファイルとなる。

$ cpio -im < /tmp/backup.cpio /home/nori/list2

 また、バックアップファイルから全ファイルをリストアするには、以下のコマンドを実行する。ここで指定しているオプションは、-iが出力モード(コピーインモード)、-dが必要に応じたディレクトリの作成、-mがファイルの更新時刻をもともとのファイルの時間に設定することを意味する。

$ cpio -idm < /tmp/backup.cpio

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH