Linux Tips

VMwareの仮想ディスクを拡大するには

北浦訓行
2005/5/26

 VMwareは、仮想マシンの作成時にゲストOS用仮想ディスク容量の上限を設定する。ここで上限を少なく見積もってしまうと、後で仮想ディスクが足りなくなることがある。その際は、「VMware仮想ディスクマネージャ」で仮想ディスクの容量を拡大する。

 VMware仮想ディスクマネージャは、VMware Workstationに付属する(4.5.2および5で確認)ツールで、コマンド名はvmware-vdiskmanagerだ。ホストOSがLinuxの場合は/usr/bin、Windowsの場合はVMwareをインストールしたフォルダにある。

 vmware-vdiskmanagerでは、仮想ディスクのバックアップやデフラグ、拡張、圧縮などを行うことができる。仮想ディスクを拡大する際は、-xオプションで容量を指定する。例えば、CentOS4.vmdkというファイル名の仮想ディスクを15Gbytesに拡大する場合は、以下のようコマンドを実行する。

$ vmware-vdiskmanager -x 15GB CentOS4.vmdk
Using log file /tmp/vmware-noriyu-k/vdiskmanager.log
  Grow: 100% done.
The old geometry C/H/S of the disk is: 1044/255/63
The new geometry C/H/S of the disk is: 1958/255/63
Disk expansion completed successfully.

 この作業は、完了するまでかなりの時間を要する。

 なお、VMwareでは、仮想マシンを新規に作成する際、仮想ディスクの作成方法として

  • 仮想ディスクの容量
  • 事前割り当て
  • ディスクを2Gbytesで分割

の3つから選択する。いずれを選択した場合でも、vmware-vdiskmanagerコマンドによる仮想ディスクの拡大は可能だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 技術の進化がマーケティングに与えたインパクト
第2回では、新しいKKD(「仮説」「検証」「データ分析」)が意味を持つようになった時代...

第5回 Webサイトの目的を社内で共有する――他部署をうまく巻き込むには?
遠藤さんのプレゼンがいよいよ始まる。Webサイトのリニューアルプランに「ソーシャルメデ...

第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”...