Linux Tips

普段使っていないリポジトリを一時的にyumで利用するには

北浦訓行
2005/9/29

 yumコマンドには、普段は使用しない設定になっているリポジトリを一時的に有効化し、そのリポジトリからパッケージをダウンロードできる仕組みがある。この仕組みを使うと、あるリポジトリに存在するパッケージを明示的に指定できる。

 例えば、Fedora Core 4(FC4)で、テスト段階の最新カーネルをインストールする場合、以下のオプションを付けてyumコマンドを実行する。

# yum --enablerepo=updates-testing update kernel

 この場合、--enablerepoオプションで指定したリポジトリ(例では「updates-testing」)が一時的に有効になり、updates-testingにある最新のカーネルパッケージがインストールされる。

 FC4の/etc/yum.repos.d/fedora-updates-testing.repoは、以下のような内容になっている。

[updates-testing]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Test Updates
#baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core
/updates/testing/$releasever/$basearch/
mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors
/updates-testing-fc$releasever
enabled=0 ←デフォルトで無効
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-test

 --enablerepoは、「enabled=0」と設定されているリポジトリを一時的に有効にするオプションである。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH