Linux Tips

Windowsのキャビネットファイル(CAB)を展開するには

北浦訓行
2006/3/16

 Windows関連のインストーラやアップデートパッケージなどには、キャビネットファイルが用いられている。キャビネットファイルは、一般的にCABという拡張子となっている。また、自己展開形式のキャビネットファイルもあり、その場合は拡張子がEXEになる。

 cabextractというソフトウェアを使えば、Linuxでもキャビネットファイルの展開や内容の確認などが可能だ。cabextractのtarボールやRPMなどのパッケージは、http://www.kyz.uklinux.net/cabextract.phpからダウンロードできる。Fedora Core 4の場合はFedora ExtrasにRPMファイルが用意されているため、yumコマンドでインストール可能だ。

# yum install cabextract

 cabextractの使用法は、ほかのファイル展開ツールと似ている。キャビネットファイルを展開する場合は、オプションなしでキャビネットファイルを指定する。

$ cabextract pfbackup.exe
Extracting cabinet: pfbackup.exe
  extracting pfbackup.msi
  extracting LAUNCHER.EXE

All done, no errors.

 また、-dオプションで展開するディレクトリを指定することも可能だ。指定したディレクトリは自動的に作成される。

$ cabextract -d office2003 pfbackup.exe
Extracting cabinet: pfbackup.exe
  extracting office2003/pfbackup.msi
  extracting office2003/LAUNCHER.EXE

All done, no errors.
$ ls office2003
LAUNCHER.EXE  pfbackup.msi

 特定の拡張子を持つファイルだけを展開するには、-Fオプションを使用する。以下は、EXEファイルだけをoffice2003ディレクトリに展開している。

$ cabextract -F *.EXE -d office2003 pfbackup.exe
Extracting cabinet: pfbackup.exe
  extracting office2003/LAUNCHER.EXE

All done, no errors.
$ ls office2003/
LAUNCHER.EXE

 また、-lオプションでキャビネットファイルにどのようなファイルが入っているかを調べることができる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

TAGGY、中小ECショップ向けレコメンド広告「おもてなしバナー for FutureShop2」の提供を開始
ディスプレイ広告の最適化サービスを手掛けるTAGGYは12月19日、フューチャーショップのAS...

見えない顧客を育てるプラットフォーム、トライアックスが開発
トライアックスは12月18日、中長期の顧客育成を支援するコミュニケーション マネジメント...

ハイブリス、小売業オムニチャネルに関する調査結果を発表
コマース・プラットフォーム・プロバイダである独ハイブリスソフトウェア(an SAP Compan...