Linux Tips

Xenの仮想マシンをGNOME上でモニタするには

北浦訓行
2006/4/20

 Fedora Core 5には、Xenの仮想マシンをモニタするGNOMEアプレット「VM Applet」が用意されている。このアプレットを使用するとXenの稼働状況が一目で分かるほか、仮想マシンのシャットダウンやリブートなどの操作をマウスで行える。

 VM Appletは、yumコマンドでインストールできる。

# yum install gnome-applet-vm

 インストールが完了したら、デスクトップにアプレットを追加する。デスクトップ上部のパネルを右クリックして[パネルへ追加]を選択すると、[パネルへ追加]ダイアログボックスが表示される。

[パネルへ追加]ダイアログボックス

 アプレットの一覧から[VM Applet]を選択して[追加]ボタンをクリックすると、パネルにVM Appletが追加される。

 VM Appletのアイコン自体が、Xenの実行状況を示している。Xenが稼働している場合は「VM」という文字が緑色になる。赤い文字は、xendが実行されていないことを示す。VM Appletをクリックすると、現在実行されている仮想マシンの一覧が表示される。

実行されている仮想マシンの一覧

 仮想マシンを右クリックするとメニューが表示される。このメニューで、仮想マシンをシャットダウンしたりサスペンドしたりできる。

 VM Appletのアイコンを右クリックして[Preferences]を選択すると、[VM Applet Preferences]ダイアログボックスが表示される。ここでVM Appletの設定が行える。

[VM Applet Preferences]ダイアログボックス

 このダイアログボックスでは、表示する仮想マシンの情報の種類を設定したり、データの更新間隔(初期設定は3秒)を変更できる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH