Linux Tips

GNOMEで特定の機能を使えないようにするには

北浦訓行
2006/6/1

 公共の場所やネットカフェなど、不特定のユーザーに使用させる場合は、特定の機能を使えないようにしたいだろう。ロックダウンエディタで特定の機能を無効化すれば、これを実現できる。

 GNOMEには、「Pessulus」というロックダウンエディタがある。GNOMEプロジェクトのWebサイトで公開されているGNOME 2.14のリリースノート(http://www.gnome.org/start/2.14/notes/ja/rnadmins.html)にはその旨の記述があるが、原稿執筆時点ではFedora Core 5には含まれていない。また、公式のリポジトリにもRPMファイルが見あたらないため、GnomeFiles.org(http://www.gnomefiles.org/app.php?soft_id=1082)からtarボール(pessulus-0.10.1.tar.bz2)をダウンロードして、インストールした。

 Pessulusは、以下のように一般的な手順でインストールできる。

$ tar jxf pessulus-0.10.1.tar.bz2
$ cd pessulus-0.10.1
$ ./configure
$ make
$ su
パスワード(P):
# make install

 インストール作業が完了したら、rootでログインして[アプリケーション]メニューの[システムツール]−[Lockdownエディタ]を選択する。

[Lockdownエディタ]のウィンドウ

 画面左に、[全般][パネル][Epiphanyウェブ・ブラウザ][GNOMEスクリーンセーバー]の各項目があり、それを選択すると画面の右側に設定する項目が表示される。項目にチェックマークを付けると無効化される。[パネル]の項目では、パネルの操作を無効にしたり、アプレットを無効にできる。

[Lockdownエディタ]のパネル設定画面

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH