Linux Tips

ブート用のイメージファイルを編集するには

北浦訓行
2007/4/11

 ブートイメージに必要なファイルが不足していると、本来の機能が使えなかったり、Kernel Panicが発生したりする。例えば、Fedora Core 6の「system-config-netboot」で作成される「initrd.img」には「mount.nfs」が入っていないため、クライアント起動時にNFSによるファイルのマウントで失敗し、Kernel Panicが発生する。

 Kernel Panicの原因さえ分かれば、ブートイメージに必要なプログラムを追加したり、設定を変更したりするといった対策を行うことができる。ここでは、ブート用イメージファイルの編集手順を紹介する。

 ブート用イメージファイルは圧縮されているため、zcatコマンドで伸張する必要がある。

# zcat initrd.img > initrd.dat

 zcatによって作成されたファイルは、loopデバイスとしてmountコマンドでマウントできる。

# mount -o loop initrd.dat /mnt

 マウントすれば、通常のファイルシステムと同様にアクセス可能となる。例えば、cpコマンドで/sbin/mount.nfsのコピーも可能だ。

# ls /mnt
bin dev disklessrc etc lib mnt proc sbin tmp usr var
# cp /sbin/mount.nfs /mnt/sbin/

 変更が完了したら、loopデバイスをアンマウントして、ファイルを圧縮する。

# umount /mnt
# gzip -c9 initrd.dat > initrd.img

 以上でブート用のイメージファイルの編集は完了だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH