ニュース解説

Pentium 4の船出は前途多難?

小林章彦
2000/11/22

 

Pentium 4(上)と対応チップセットのIntel 850(下2つ)

 2000年11月21日(米国では20日)、ついにインテルから次世代メインストリーム・プロセッサの「Pentium 4」と、対応チップセット「Intel 850」が発表された(インテルのPentium 4発表に関するリリース)。すでにブランド名やマイクロ・アーキテクチャなどが数カ月前から小出しに発表されていたうえ、当初予定されていた10月下旬から、チップセットに障害があったという理由で11月21日まで発表が延期されてこともあり、“やっと発表”という印象さえ受けてしまう。

 都内で開催されたPentium 4の発表会では、コンパックコンピュータやデルコンピュータ、日本IBM、日本電気、富士通など合計20社が、当日発表や発表予定のPCを展示し、Pentium 4の順調な滑り出しをアピールした。また席上、インテル株式会社社長のジョン・アントン氏は、「2001年後半の日本におけるデスクトップPCのメイン・ストリーム市場で、Pentium 4のシェアは60%に達する」とPentium 4に対する強気な予想を披露した。

 Pentium 4に対応するチップセットは、当面、同日発表となったIntel 850のみである。Intel 850は、メイン・メモリにDirect RDRAMを採用し、メモリ・アクセスをデュアル・チャネル化することで、最大3.2Gbytes/sのメモリ・バス性能を実現している。3Dグラフィックスの描画や、ビデオ/MP3などのストリーミング処理などに威力を発揮するという。

 プロセッサの価格(1000個ロット時の1個あたりの価格)は、1.4GHz版が7万940円、1.5GHz版が9万210円となっている。これまでのインテルのハイエンド・プロセッサが、10万円から12万円程度で発表されることが多かったことを考えると、比較的低価格からのスタートとなった。また、インテルはリテール向けの「Boxed Pentium 4」(化粧箱にCPUと冷却ファンを入れた、量販店などで販売するためのPentium 4)に、64MbytesのPC800 RIMM(Direct RDRAM搭載のメモリ・モジュール)を2枚同梱して出荷を行うという(Intel 850はRIMMを2枚ずつ増設する必要があるため)。価格はオープン・プライスだが、1.5GHz版の店頭予想価格は12万円前後になる予定だ。2000年11月21日現在、64MbytesのPC 800 RIMMが秋葉原のPCショップの実売価格で3万円前後であることを考えると、「Boxed Pentium 4」は冷却ファンと64Mbytes分のメモリが無料で付いてくる勘定になる。

デルコンピュータ Dimension 8100 I日本IBM IntelliStaion M Pro 6849-23J 日本電気 VALUESTAR Mシリーズ
デルコンピュータのデスクトップPC「Dimensionシリーズ」の最上位モデル。Pentium 4-1.4GHzを搭載した最小構成価格で25万5800円。 日本IBMが参考出品したPCワークステーション「IntelliStationシリーズ」。グラフィックス・カードにIBM Fire GL2を搭載する。価格は未定。 日本電気の個人向けデスクトップPC「VALUESTARシリーズ」の最上位モデル。Pentium 4-1.5GHz搭載の1モデルのみラインアップする。価格はオープンプライス。

Direct RDRAMの価格が逆風に

 1995年11月2日のPentium Proの出荷から始まったP6アーキテクチャは、Pentium II、Pentium IIIと拡張を行いつつ、途中、低価格版のCeleronを加えるなど、進化し続けている(インテルのPentium Pro発表に関するニュースリリース)。Pentium 4発表後も、Pentium IIIはさらに高動作クロック版の出荷が予定されている。Windows 9xの普及とPCの低価格化という追い風を受けて、これまでにない成功を収めたプロセッサ・シリーズといえるだろう。

 その後を継ぐプロセッサとしてPentium 4は発表されたのだが、発表日が遅れたことからも分かるように、若干波乱含みのスタートとなりそうだ(Pentium Proも16bitコードの実行性能が遅いというバッシングを受けてのスタートであったが)。特に、相変わらず価格が高いDirect RDRAMを採用したことが、大きな逆風となっている。

 今や、64MbytesのPC 100 SDRAM DIMM(CL=2)は4000円前後、PC 133(CL=2)では1万円前後である。一方、Direct RDRAMは安くなってきたとはいえ3万円前後(PC800)と、その価格差は2万円以上もある。Intel 850では2枚ずつの増設となるため、システム全体ではメモリだけで4万円以上の価格差が生まれることになる。この価格差を正当化するほど、性能が高ければ問題ないのだが、後述のように現状のPentium 4はPentuim IIIに対して大きなアドバンテージがない。

 また、別稿でも述べているように、もはや市場ではDirect RDRAMに対する信頼はほとんどない(ニュース解説:動き始めたDDR SDRAMと対抗するRambus)。メモリ・ベンダの中でDirect RDRAMが次世代メイン・メモリの主流になると信じているところは、もはや1社もないだろう。Direct RDRAMは、技術的にSDRAMやDDR SDRAMに対して優れているところも多いが、マーケティング的には完全に失敗してしまった。今後、PC向けのDirect RDRAMに参入するメモリ・ベンダは望めないことから、残念ながら劇的にメモリの価格が下がる見込みもない。すでにインテルは、Pentium 4向けのチップセットでSDRAMに対応したバージョンを開発しており、DDR SDRAMについても検討を行っているとコメントしている(ニュース解説:Pentium 4にSDRAM対応チップセット登場の噂)。もはやインテルにとっても、Direct RDRAMとその対応チップセットは、SDRAM対応チップセットやDDR SDRAM対応チップセットをリリースするまでのつなぎでしかない。

 このような状況下で、Pentium 4にとってDirect RDRAMしか当面選択肢がないことがどのように影響するのかが、普及のキー・ポイントとなるだろう。インテルとしても、その点は十分に認識しており、前述のように「Boxed Pentium 4」にDirect RDRAMを同梱したり、同様の販促をPCベンダ向けに行ったりもしている。とはいえ、将来性のないメモリを採用したPCをユーザーが購入したり、積極的にPCベンダが販売したりするだろうか。今後のインテルとPCベンダのマーケティングの手腕が問われそうだ。

性能面での魅力がカギ

 Pentium 4の最大のセールスポイントは、浮動小数点演算能力が高いことと、高い動作クロックが可能なマイクロ・アーキテクチャを採用した点にある。科学技術計算など、浮動小数点演算能力が大きく影響するような用途では、Pentium III-1GHzに対し、Pentium 4-1.5GHzで40%程度の性能向上がみられる*1。特に画像処理などでは、従来のストリーミングSIMD拡張命令をさらに拡張した「ストリーミングSIMD拡張命令2(SSE2)」を使うことで、数倍の性能向上も期待できる。逆に整数演算能力はあまり向上しておらず、Pentium 4-1.4GHzとPentium III-1GHzの整数演算性能の差がほとんどない。今後、Pentium 4の動作クロックが向上すれば、Pentium IIIとの性能差は広がることになるが、当面は拮抗した状態が続く。

*1 ベンチマーク・テストの結果は、インテルのホームページで公開している。詳細については、そちらを参照していただきたい。

 インテルによれば、早くも2001年第3四半期には2GHz版の出荷を開始するという。また、P6アーキテクチャが180MHzからスタートして1.2GHz(予想)程度まで対応可能なのに対し、Pentium 4はそれ以上の幅で動作クロックの向上が可能だとしている。P6アーキテクチャが約8倍の動作クロックを実現していることと考え合わせると、Pentium 4は数GHz〜10GHz程度までターゲットに据えていることになる。

 このように動作クロックを大幅に向上させていった場合、Pentium 4は整数演算性能、浮動小数点演算性能ともに魅力的なものとなるのは間違いない。しかし、当面は浮動小数点演算を中心とした用途でなければ、メリットが小さいのも、また事実である。浮動小数点演算を主体とした使い方ならば、Pentium 4のメリットを活かすことが可能だが、もしワードプロセッサなどのビジネス・アプリケーション用途ならばPentium 4は期待はずれに終わってしまうだろう。

デジタル・コンテンツ制作における性能 MP3オーディオのエンコード時間 3Dゲームの性能
Windows Media Encoder 7.0などを使ったベンチマーク・テストの結果を表したスライド。Pentium III-1GHzに対し、Pentium 4-1.5GHzは最大47%の性能向上を実現しているという。 eJay MP3 Plus 1.3を使って音楽CDをMP3フォーマットに変換するのにかかる時間を計測したもの。Pentium III-1GHzに対し、Pentium 4-1.5GHzは最大25%の性能向上を実現しているという Quake III Arenaを使って3Dゲームの描画性能を計測したもの。Pentium III-1GHzに対し、Pentium 4-1.5GHzは最大44%の性能向上を実現しているという
     
発表会で行われた次期Macromedia Shockwaveのデモ SmailBit社が開発中の3Dゲーム「Cun Varkry」のデモ SmailBit社が今回のデモ用に作成した物理シミュレーション
Pentium 4に対応した次期Shockwaveを使った釣りのゲームをデモンストレーションした。 Pentium 4のSSE2命令を使用することで、点光源や透過などの3Dグラフィックスの処理が可能になったという。 池をマウスでクリックすると波紋を計算し、描画する。波紋のリアルな動きと、光源処理などを行うのにPentium 4の能力が必要だという。

ビデオ処理のデモ ソフトウェアによるMPEG2のリアルタイム・エンコーディングのデモ
MGI社の「Video Wave 4」を使ったビデオ編集のデモンストレーション。Pentium 4なら、リアルタイムで各種エフェクト処理が可能だという。 画面右がソースのデジタル・ビデオの画像、左がその画像をMPEG2にエンコードしたもの。高画質のMPEG2画像にリアルタイムで変換可能だという。

Pentium 4の今後

 では、Pentium 4の今後の予定はどのようになっているのだろうか。まず、SDRAM対応のチップセットが2001年後半に登場する。Direct RDRAMに対し、どの程度性能が低下するか不明だが、Pentium 4システムの大幅な低価格化を実現可能にするのは間違いない。また、ほぼ同時にPentium 4-2GHz版が出荷開始されることになり、性能、システム価格の両面で魅力的なものになってくる。

 さらに、0.13μmプロセスで製造したバージョンが2001年第4四半期に出荷となる予定だ。インテルはすでに0.13μmプロセスの製造ラインができあがったと発表しており、順次0.13μmでの製造に移行する予定だ(インテルの0.13μmプロセスに関するニュースリリース)。インテルがこのように製造ラインについて発表を行う場合、すでに本格的に製造が開始可能なことを意味する。ただ当初は、モバイルPentium IIIなどをラインに流し、歩留まりの引上げを行い、その後にPentium 4の製造を開始することになるだろう。

いつPentium 4は買いになるのか?

 今回発表された0.18μmプロセスで製造されたPentium 4は、システム価格の高さや性能面での優位性が低いといったことから、Pentium Proのように一部のハイエンド・ユーザー向けといった位置付けになりそうだ。Pentium IIIからPentium 4への本格的な移行は、0.13μmプロセスで製造された、より動作クロックが高いバージョンと、メイン・メモリにSDRAMが利用可能になるチップセットの登場を待ってからとなる。

 0.13μmプロセスで製造された製品では、ソケット形状などが変更されることもあり得るため、Pentium Pro搭載システムの寿命が短かったように、今回のPentium 4システムの寿命が短くなることも十分に予想される。またPentium 4は、動作クロックが大幅に上がらないと、トータルな性能としてPentium IIIからの飛躍的な性能向上が見込めない。しばらくはPentium IIIの高クロック版が登場し続けると思われるので、Pentium 4-1.4GHz/1.5GHzでは性能がすぐに逆転されてしまう可能性もある。

 こうした状況を踏まえると、0.13μmプロセスで製造したPentium 4が登場し、システム価格もこなれてきた頃がPentium 4システムの買い時となるだろう。Pentium 4は、その頃から急速に普及が始まり、Pentium IIIからの移行が行われることになるはずだ。それは、早くても2001年後半から、ということになる。 記事の終わり

  関連記事
動き始めたDDR SDRAMと対抗するRambus
Pentium 4にSDRAM対応チップセット登場の噂
Pentium 4の登場はデスクトップPCに何をもたらすのか?

  関連リンク
Pentium 4発表に関するリリース
Dimension 8100発表に関するリリース
VALUESTAR Mシリーズ発表に関するリリース
Pentium Pro発表に関するニュースリリース

Pentium 4の性能に関するホームページ

0.13μmプロセスに関するニュースリリース

「PC Insiderのニュース解説」


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH