[運用]
WindowsユーザーのためのGmail活用術

3. Gmailの迷惑メール・フィルタを動作させた結果

井上 孝司
2009/05/21

Step 3:実際に動作させた結果
 こうしてGmailでメッセージを取得して、Gmailの迷惑メール・フィルタを適用した結果の例を示そう。以下の画面例は筆者が使用しているメール・アドレスを対象とするもので、[迷惑メール]フォルダに対しては、平均すると1日に100通程度の迷惑メールが振り分けられている。

Gmailの受信トレイ
ここには、Gmailの迷惑メール・フィルタが迷惑メールと認識しなかったメッセージだけが蓄積される。
メッセージを選択する際には、この左端列のチェック・ボックスをオンにする。
ここをクリックすると、選択したメッセージを迷惑メールとして扱うように指示できる。対象になったメッセージは、自動的に[迷惑メール]フォルダに移動する。

Gmailの[迷惑メール]フォルダ
筆者が常用しているメール・アドレスあてに届いたメッセージをGmailに取得させ、Gmailの迷惑メール・フィルタを適用した結果。迷惑メールと見なされたメッセージは、[迷惑メール]フォルダに蓄積されて、30日が経過すると自動削除される。
メッセージを選択する際には、この左端列のチェック・ボックスをオンにする。
ここをクリックすると、迷惑メールと誤認識されたメッセージについて、通常のメッセージとして扱うように指示できる。対象になったメッセージは、自動的に[受信トレイ]に移動する。

 なお、Gmailの迷惑メール・フィルタの精度はかなり高いが、それでも誤認識する可能性はゼロとはいえない。そのため、誤って迷惑メールに割り振られた場合の対策を考慮しておく必要がある。

 Gmailでは、迷惑メールと認識したメッセージはすべて、自動的に[迷惑メール]フォルダに振り分けるようになっている。こうして[迷惑メール]フォルダに振り分けられたメッセージは、30日経過すると自動的に削除される。そのため、自動削除が行われる前に、 [迷惑メール]フォルダの内容について毎日、あるいは数日ごとに、間違って迷惑メールと見なされたメッセージがないかどうか確認する必要がある。

 左端のチェック・ボックスをオンにして選択したメッセージについて、[迷惑メールを解除]をクリックすると、そのメッセージは受信トレイに移動する。逆に、迷惑メール・フィルタをすり抜けてきたメッセージについては、[受信トレイ]でチェック・ボックスをオンにして選択してから[迷惑メールを報告]をクリックすることで、迷惑メールとして扱わせることができる。

【コラム】携帯電話でGmailを読む

 迷惑メール・フィルタとしてGmailを利用すると、副産物としてWebブラウザや携帯電話で電子メールを読むことが可能になる。携帯電話で電子メールを読むには、携帯電話で以下URLを入力して、モバイルGmailにアクセスする。GmailのIDとパスワードを入力すれば、Gmailのメール・ボックスを開くことが可能だ。

 なお、QRコード(2次元バーコード)の読み取りが可能な携帯電話ならば、以下のQRコードを読み取ることでモバイルGmailにアクセスできる。

モバイルGmail(SSL接続)にアクセスするためのQRコード

携帯電話でアクセスした際のモバイルGmailの画面
このように携帯電話でもGmailのメール・ボックスが開ける。緊急の用件なども携帯電話でメッセージを確認し、簡単な返事を送信できる。
(編集部)

Step 4:Gmailのフィルタリング設定
  ほかの迷惑メール・フィルタ製品と異なり、Gmailの迷惑メール・フィルタは有効/無効や動作内容を設定する機能を持たない。初期状態で迷惑メール・フィルタが動作しており、動作内容はGmail側に全面的に依存している。ただし前述したように、個別のメッセージごとに迷惑メールを報告する機能がある。この報告を蓄積することで、迷惑メール・フィルタの精度を高めている。

 このほか、Gmailには差出人/あて先/件名/キーワード/添付ファイルの有無といった条件を指定するフィルタ機能がある。これは、指定した条件に該当するメッセージについて、以下の機能のいずれか、あるいは複数を同時に適用するものだ。

  • 受信トレイをスキップ(アーカイブ)
  • 既読にする
  • スターを付ける
  • ラベルを付ける
  • 次のアドレスに転送する
  • 削除する
  • 迷惑メールにしない

 例えば、特定の差出人から届いたメッセージが間違って迷惑メールと認識されないようにしたり、ほかのメール・アドレス(例:携帯電話のメール・アドレス)に自動転送させたりすることが可能だ。フィルタの詳細な利用法は、以下のGmailのマニュアルを参照するとよい。

Gmailのフィルタ条件設定画面
Gmailでは、差出人/あて先/件名/キーワード/添付ファイルの有無といった条件を指定して、該当するメッセージをほかのメール・アドレスあてに転送できる。[次のステップ]をクリックすると、指定した条件に合致するメッセージに対して、どういったアクションを起こすかを指定できる。


 INDEX
  [運用]WindowsユーザーのためのGmail活用術
    1.Gmailの迷惑メール・フィルタの特徴
    2.Gmailのアカウントを取得する方法
  3.Gmailの迷惑メール・フィルタを動作させた結果
    4.Gmailからメッセージを取得する設定

 運用

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH