Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

グループ・ポリシーでログオン時にメッセージを表示させる

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2007/10/26
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
修正プログラムの適用を促す場合など、ログオン時に特定のメッセージを表示できると便利である。
ポリシーを使って、ログオン時に任意のメッセージを表示するように設定できる。

解説

 セキュリティ修正プログラムの適用をユーザーに任せているような場合、適用を促す電子メールなどを送っても、見落とされてしまうことがあるし、そもそも全員に電子メールを送信するのも意外と手間がかかる作業だ。また定期メンテナンスのお知らせなど、ログオン時にメッセージを表示させると便利な場面は意外と多い。

 Active Directory環境ならば、グループ・ポリシー機能を使ってログオン時にメッセージ・ダイアログを表示させることができる。ログオン・ダイアログを表示させるためには、そのメッセージ・ダイアログの[OK]ボタンをクリックしなければならないので、必ず目にすることになる。グループ・ポリシーで、Active Directoryに属しているすべてのコンピュータにメッセージを簡単に表示できるので、連絡用のメッセージ伝達ツールとして活用できる。

操作方法

Active Directory環境の場合

 Active Directory環境ならば、管理者権限でログオンし、適用したいActive Directoryのグループ・ポリシーを選択した上で、グループ・ポリシー管理コンソールを起動する。グループ・ポリシー管理コンソールの使い方は、「TIPS:グループ・ポリシー・エディタの使用法」を参照のこと。

 [コンピュータの構成]−[Windowsの設定]−[ローカル ポリシー]−[セキュリティ オプション]を選択し、[対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのタイトル](Windows 2000の場合は、[ログオン時のユーザーへのメッセージのタイトル])と[対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのテキスト](Windows 2000の場合は、[ログオン時のユーザーへのメッセージのテキスト])をそれぞれダブルクリックし、表示させたいメッセージのタイトルとテキスト(本文)を書き込めばよい。

グループ・ポリシー管理コンソールによる設定
グループ・ポリシーを設定することで、ログオン時にメッセージを表示させることができる。
[コンピュータの構成]−[Windowsの設定]−[ローカル ポリシー]−[セキュリティ オプション]を選択する。
[対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのタイトル](Windows 2000の場合は、[ログオン時のユーザーへのメッセージのタイトル])をダブルクリックする。→
[対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのテキスト](Windows 2000の場合は、[ログオン時のユーザーへのメッセージのテキスト])をダブルクリックする。→

[対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのタイトル]の設定画面
ログオン時に表示させたいメッセージのタイトルを設定する。
このポリシーの設定を定義する]をチェックする。
メッセージ・ダイアログに表示させたいタイトルを記述する。

[対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのメッセージ]の設定画面
ログオン時に表示させたいメッセージのテキストを設定する。
[このポリシーの設定を定義する]をチェックする。
メッセージ・ダイアログに表示させたいメッセージの本文を記述する。

 タイトルは、メッセージ・ダイアログのタイトル・バーに、テキストはダイアログ内にそれぞれ表示される。例えば、タイトルに「セキュリティ修正プログラムの適用のお願い」、テキストに「マイクロソフトからセキュリティ修正プログラムがリリースされました。Windows Updateを実行して、修正プログラムを適用してください。」とすると、次回以降のログオン・ダイアログが表示される前には、まず次のようなメッセージ・ダイアログが表示される。

ポリシーで設定したメッセージ・ダイアログの表示例
ポリシーで設定したタイトルとテキストは、この画面のように表示される。ログオン・ダイアログを表示させるには、このメッセージ・ダイアログの[OK]ボタンをクリックする必要がある。

 ログオンするには、メッセージ・ダイアログの[OK]ボタンをクリックし、ログオン・ダイアログを表示させる必要があるので、ユーザーはメッセージを必ず目にすることになる。そのため、IT部門からのお知らせだけでなく、社内イベントの告知などにも利用できる。

非Active Directory環境の場合

 グループ・ポリシーが利用できない場合(Active Directoryを導入していない場合)は、コンピュータごとにローカル・コンピュータ・ポリシーで同様の設定を行うことで、メッセージを表示させることができる。複数の人で共有するPCでは、ログオン時に「必ずログオフすること」といった注意事項を表示するように設定しておくとよい。

 なお以下のレジストリの値を記述することでも、ローカル・コンピュータ・ポリシーで設定したのと同様の働きがある。特定のコンピュータにメッセージを表示させたいような場合は、リモート・レジストリを利用して、レジストリを編集するとよい。End of Article

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリ・エディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本Windows Server Insider編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。


項目 内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINEの\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\system
値の名前 legalnoticecaption(REG_SZ)
値のデータ (表示させたいメッセージのタイトル)
値の名前 legalnoticetext(REG_SZ)
値のデータ (表示させたいメッセージのテキスト)

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH