ICDロゴ

IPマスカレード (IP masquerade)

【アイ・ピー・マスカレード】

別名
NAPT (Network Address Port Translation) 【ナプト】
ENAT (Enhanced Network Address Port Translation) 【イー・ナット/エンハンスト・ナット】

最終更新日: 2002/05/03

 TCP/IPを使ったインターネットなどのネットワークにおいて、IPアドレスやTCP/UDPのポート番号を変換して、限られたIPアドレス資源を有効に使ったり、ファイアウォールを構築したりするための技術。インターネットへ接続するためのルータ(ISDNルータなど)に実装されていることが多い。

 なお、IPマスカレード(masquerade=仮面舞踏会)とは、Linuxにおける本機能の名称であり、IPアドレスを仮装するという意味があるが、技術的にはNATと対比して、NAPT(Network Address Port Translation)と呼ぶべきものである(ただし、IPマスカレードという呼び方の方が広く普及している)。

 NAPT(IPマスカレード)は、NATと同様の技術であるが、NATではIPアドレスしか変換しないのに対して、さらにTCPやUDPのポート番号も変換するという特徴がある。これにより、1つのグローバルIPアドレスで、プライベートIPアドレスを持つ複数のノードをサポートすることができる。ダイヤルアップ接続では、インターネット・サービス・プロバイダから割り当てられるグローバルIPアドレスは1つしかないが、NAPT(IPマスカレード)を使えば、ローカルのLAN上の複数のノードが同時にインターネットへ接続することができる。ただし、インターネットのサービスによっては、1つのIPアドレスからの接続を1つだけに制限しているものもあるので(インターネット上の対戦ゲームサーバなどにこの制限が多い)、常に複数台のノードを同時に使うことができるわけではない。また、ポート番号も変更されるので、場合によってはサービスが利用できないこともある(サーバ側で、固定的なポート番号を使うようにプログラムされている場合)。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -