サン製サーバと「HP OpenView」の統合強化へ

2001/3/31

 日本ヒューレット・パッカード ソフトウェア事業本部とサン・マイクロシステムズは3月30日、システム運用管理分野の協業で合意したと発表した。

 今回の合意により、日本HPのソフトウェア事業部のシステム運用管理体系「HP OpenView」とサンのサーバ製品を組み合わせ、販売およびマーケティング活動を行っていく。両者では共同体制を組み、各活動を通じて販売チャネルの拡大を見込む。

 具体的な活動は以下の5点が予定されている。

  1. 専任の営業担当者およびエンジニアの配置
  2. ショールームにてデモ環境を設置
  3. プロモーション活動
  4. 日本HP側の「iForce イニシアティブ」などのサン推進プログラムへの参加
  5. ソリューション構築と検証

 1については、日本HPのソフトウェア事業本部とサンの両社に、サンのサーバ上で動作する「HP OpenView」製品拡販のための専任営業担当者を配置する。また、エンジニアも両社の担当部署に配置し、ユーザーへの提案や導入を行う。

 5では、iDC(インターネット・データセンター)の構築やECサイト構築企業を対象に共同でソリューション検証を行う。検証作業は「iFoece Ready Center Tokyo」で実施する。両社によれば、すでに「HP OpenView VantagePoint Operations」とサンの “Starfire”こと「Sun Enterprise 10000」や「Sun Management Center」などに関しては、検証実験が完了しているという。今後、他の製品についてもサンのサーバ製品に対応するバージョンを増やすという。

 日本HPとサンはUNIXサーバ分野では競合関係にあり、今回の提携は、日本HPの中のソフトウェア事業本部がサンと結んだ業務提携となる。米国でも昨年、米HPのソフトウェア事業部と米サン・マイクロシステムズが同様の提携関係を結んでいる。

[関連リンク]
日本HPの発表資料
サン・マイクロシステムズ
「HP OpenView」
「Sun Enterprise Servers」

[関連記事]
情報システムの課題は「アプリケーションの統合と管理」 (@ITNews)
.NETとJavaに対応が特徴、HPのECプラットフォーム (@ITNews)
HP、システム統合を実現するEAI市場へ進出(@ITNews)
「IBMを凌ぐ」とサンのエド・ザンダーCOO (@ITNews)

 

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン