JavaScriptエンジン、Geckoを刷新

“史上最速”のFirefox 3が登場へ、「IE7の9.3倍速い」

2008/06/17

 Mozilla Japanは6月17日、オープンソースのWebブラウザ「Mozilla Firefox 3」のダウンロード提供を6月18日早朝に開始すると発表した。Firefox 3は2年ぶりのメジャーバージョンアップで、Webアプリケーションの動作を高速にしたのが特徴。Mozilla Japanは「史上最速のFirefox」としている。

 Firefox 3はJavaScriptエンジンを1.8に刷新。式クロージャやジェネレータ式、配列削減などJavaScript 2の先行実装も行って高速化を実現した。Mozilla Japanが示した「SunSpider JS」のベンチマーク結果によると、FirefoxのJavaScriptエンジンはInternet Explorer 7の9.3倍、Firefox 2の2.7倍高速という。Gmailのメッセージ読み込み時間はIE7の6.8倍速い60ミリ秒で、「ユーザーからすると一瞬」(Mozilla Japan 技術部 中野雅之氏)に速度が向上した。

mozilla01.jpg Mozilla Japanが示したベンチマーク結果

 また、HTMLの描画も新しい「Gecko 1.9」を採用することで高速化した。Gecko 1.9はグラフィックスライブラリの「cairo」をベースにしたグラフィックスエンジンを使い、描画パフォーマンスを向上させている。Gecko 1.9によってテキスト表示やSVG描画も高速化、全体としてFirefox 3はFirefox 2の2〜3倍の高速化を実現しているという。Opera 9.5との比較では2倍程度、高速という。Safariとの比較は「明確にどちらが速いかは言及しない」(Mozilla Japan)としている。

 Firefox 2で評判の悪かったメモリ管理機能も改善した。閉じたウィンドウが必ずメモリを解放するようXPCOMサイクルコレクタをサポートし、メモリの消費量を最小にするようにした。FreeBSDのメモリアロケータであるJEMallocも移植し、メモリリークを改善した。

mozilla02.jpg メモリリークについても改善したという

 Firefox 3はパフォーマンス向上とともに使い勝手も改良した。ロケーションバーから履歴やブックマークをキーワード検索して、目的のWebサイトを見つける機能や、Firefox上でアドオンを検索できる機能、ブラックリストに基づき、危険なWebサイトを警告する機能などを追加した。暗号化技術としてNTTと三菱電機が開発した暗号アルゴリズム「Camellia」をサポートした。

 またHTML5のオフライン機能をサポートし、ブラウザ上にオフライン作業用のデータを保存できるようにもした。ページ内でテキスト編集を可能にするContentEditable属性や、Microformatsにも対応した。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

GenieeSSP、スマホアプリ向け動画リワード広告のメディエーション機能を提供開始
ジーニーは、「GenieeSSP」にスマートフォンアプリ向け動画リワード広告のメディエーショ...

「フォロワー数が全て」の何が間違っているのか?
定量的に見えにくいインフルエンサー施策の効果をどう評価していけばよいのか。「エンゲ...

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...