この記事は「こちら」に移動しました。

 

■5分 - UMLは必須知識

 UMLは現在、オブジェクト指向を使ったシステム開発における必須知識の1つとなっています。極端な話、UMLを使っていない(モデルを描いていないともいえます)オブジェクト指向開発は、オブジェクト指向の良さをほとんど引き出せていないといっていいでしょう。

 また、モデルの表記にUMLを使うというのは世界的な潮流です。UMLを使えないがために、

  • 役に立つといわれている、オブジェクト指向設計に関する海外のドキュメントを見ようと思ったら、モデルがすべてUMLで描かれていて読めなかった

  • 海外のソフトウェア会社に仕事を出そうと思ったら「仕様はUMLで出してくれ」といわれて出すことができなかった

といった場面に遭遇してしまうかもしれません(実際、経験されている方もいらっしゃるでしょう)。

 繰り返しになりますが、UMLはすでにソフトウェア開発における、コミュニケーションやノウハウの共有のために非常に重要な要素の1つになっています。オブジェクト指向をこれから始めようとしている方、プログラミングも大事ですが、UMLも一緒に始めてみてはいかがでしょうか。



 Index
 5分で絶対に分かるUML
 

UMLとはいったい何だ?

  1分 - モデルとはオブジェクトの表現手段
  2分 - モデルの表記法を統一したのがUML
  3分 - UMLは分析や設計の精度を上げる
  4分 - UMLのダイアグラム
5分 - UMLは必須知識

 


この記事に対するご意見をお寄せください managemail@atmarkit.co.jp

「ITmedia マーケティング」新着記事

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...

電通のマーケティングプラットフォーム「STADIA」とLINE Ads Platformがデータ連携
電通デジタルは、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用し...