ICDロゴ

Win32 Driver Model (Win32 Driver Model)

【ウィン・サンジュウニ・ドライバ・モデル】

最終更新日: 2001/03/08

 Windows NTとWindows 9xの双方に対してバイナリ互換性のあるデバイス ドライバを開発可能とするために、マイクロソフトが考案した32bitデバイス ドライバモデル。ただし、当初はこのように呼ばれていたものの、その後バイナリ互換ではなくソース互換になり、「Windows Driver Model」の略だとして呼称が変更された。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -