ICDロゴ

ハンディ スキャナ (handy scanner)

最終更新日: 2000/03/09

 紙に印刷されたイメージなどを読み取り、コンピュータに入力するための装置。ハンディ スキャナは、イメージの走査に必要な光源と光学センサーを一体化させ、小型化したもので、最も手軽で安価なタイプのスキャナ。

 ハンディ スキャナでは、光源と光学センサーを一体化させたスキャナ本体を、印刷物の上で手で移動させながらイメージを読み取る。このため紙のように薄いものばかりでなく、スキャナを移動できるような表面があるものなら、さまざまなものがスキャンできる。こうした特徴を活かし、最近では、ハンディ タイプのスキャナを搭載したFAX専用機なども販売されるようになった(スキャナで紙以外のものをスキャンし、FAXで送れるようにしている)。ハンディ タイプは機構も単純で安価なものが多いが、センサー部分を手で移動させるため、スキャンされるイメージの精度はあまり高くない。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -