ICDロゴ

EEPROM (Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory)

【イー・イー・ピー・ロム】

最終更新日: 2002/01/24

 不揮発性半導体メモリの一種。紫外線消去型のUV-EPROMを改良して、紫外線の代わりに電気的に消去できるようにしたEPROM。UV-EPROMと違って、特別な消去装置が不要であり、システムに組み込んだまま簡単に消去や再書き込みができる。

 従来のUV-EPROMタイプと電気仕様的には同じなので、UV-EPROMの代わりに、現在広く普及している。

 また、書き換えが可能という特徴を活かして、システムのコンフィギュレーション情報などを記録するためにも使われている。たとえば、イーサネットカードのMACアドレス情報や、DIMMメモリにおける仕様を表す情報などは、シリアルEEPROMという、シリアルアクセスが可能な小型のEEPROMチップに格納されていることが多い。これらの情報は数10〜数100bytes程度のサイズさえあれば十分格納可能であり、EEPROMを使うのがコスト的にもシステム的にも最も望ましい。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -