BABOK 2.0を読んでみよう


<バックナンバー>


BABOK連載 ビジネスアナリストも基礎能力が大事
連載:BABOK 2.0を読んでみよう(6)
 今回はビジネスアナリストに求められるスキルセットをまとめて定義した知識エリア「基礎コンピテンシ」やBABOK認定資格を紹介する
BABOK連載 要求を引き出し、情報を整理しよう
連載:BABOK 2.0を読んでみよう(5)
 今回は、BABOKの支援的な活動である「引き出し」および「要求のマネジメントとコミュニケーション」の知識領域を解説する
BABOK連載 ビジネスアナリシスをマネジメントしよう
連載:BABOK 2.0を読んでみよう(4)
 今回は、BABOKの主要なビジネスアナリシス活動である「ビジネスアナリシスの計画とモニタリング」の知識エリアを紹介する
BABOK連載 BABOKで効果的なソリューションを実現しよう
連載:BABOK 2.0を読んでみよう(3)
 今回は、BABOKの主要なビジネスアナリシス活動である「ソリューションのアセスメントと妥当性確認」の知識エリアを紹介する
BABOK連載 解決策を見つけるためにきちんと分析しよう
連載:BABOK 2.0を読んでみよう(2)
 今回は、BABOKの7つのKAの中でも主要なビジネスアナリシス活動となる「エンタープライズ分析KA」と「要求分析KA」を解説する
使えないシステムをなくすBABOKとは?
連載:BABOK 2.0を読んでみよう(1)
 本連載では、いま注目を集めている超上流アプローチであるビジネスアナリシス体系「BABOK バージョン2」を分かりやすく紹介していく

筆者プロフィール
松尾 潤子(まつお じゅんこ)
株式会社豆蔵
独立系SI会社でソフトウェア開発に携わり、2007年より豆蔵に在籍。現在は開発標準の策定と定着化支援に従事。

後藤 章一(ごとう しょういち)
株式会社豆蔵
数社にてソフトウェア開発業務、技術調査業務、技術講師業務などを経て、現在は主にプロセス改善や標準化に関するコンサルティングを担当。

この記事に対するご意見をお寄せください managemail@atmarkit.co.jp

キャリアアップ

@IT Sepcial
@IT Sepcial

「ITmedia マーケティング」新着記事

博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2019」 スマホ接触時間は1日117.6分に
メディア総接触時間は初の400分台、過去最高の411.6分に。

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...