XMLアプリケーション・サーバと開発環境、エクセロン

2001/7/5

 日本エクセロンは7月4日、XMLサーバ「eXcelon Extensible Information Server 3.0」を発表した。7月10日より出荷を開始する。

 「eXcelon Extensible Information Server 3.0」はXMLで記述された文書を格納・管理できるサーバで、XMLデータサーバを中心に統合開発ツールとデータ交換機能を統合したもの。同社製品「eXcelon B2B Portal Server」の後継となる。BtoBではXMLデータの交換が想定されるが、同サーバを利用すればXMLアプリケーション開発が容易に行えるという。

 クライアントとデータサーバ間のインターフェイスとしてJava、COMのAPIを提供、RDBMSなどのデータソースからXMLデータに自動変換してサーバに取り込むデータ接続機能も備えた。

 その他の特徴としては、XML文書を階層構造のまま格納が可能で、分散キャッシュ機能を備えた。XSLエンジンやXPathエンジンなどのW3Cの定める標準機能やJ2EEをサポートしている。また、アプリケーション統合開発ツール「Stylus Studio」「DXE Manager」を標準で提供する。XSLエディタ「Stylus」を機能強化した新製品「Stylus Studio」は、DTD/XMLスキーマ、XMLドキュメント、XSL、Javaプログラムの編集、デバッグを行うことができる。同製品は単体での販売も行う。「DXE Manager」は管理者用のツール。

 OSはWindows、Solarisに対応、今後HP-UX、AIXもサポート予定。

[関連リンク]
日本エクセロン

[関連記事]
XMLベースでビジネスプロセスを統合する製品、アプレッソ(@ITNews)
インフォテリアがXML対応BtoBサーバを発表 (@ITNews)
勢いづくXMLデータベース(TechWeb/@ITNews)
国内唯一のXMLの祭典開催 (@ITNews)
XMLの基礎を理解する10のポイント (XML eXpert eXchange)

 

情報をお寄せください:



@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -