Linuxで動く便利ツール

複数の仮想環境を利用できる
「VMKnoppix」


北浦 訓行
2008/6/26


 
ソフトウェア名: VMKnoppix
バージョン: 5.3.1
ライセンス GNU GPL
入手先: http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/vmknoppix/index.html

概要

 VMKnoppixは、ライブ版のLinuxとして有名な「KNOPPIX」をベースに、多数の仮想化ソフトウェアを利用可能にしたディストリビューションです。日本語版のKNOPPIXが5.3.1にバージョンアップされたため、それをベースにVMKnoppixもバージョンアップされました。

 今回のバージョンアップでは、筑波大学を中心に開発が進められている仮想マシンモニタ「BitVisor」が新たに収録されました。また、HTTPサーバ上に置かれたイメージからVMKnoppixをネットワーク経由で起動することのできる「InetBoot」にも対応し、Xenもバージョンアップされています。

【関連記事】
Linux Tips:KNOPPIXをコンソールモードで起動するには
3Dデスクトップ搭載のKNOPPIX 5.1.1を試してみた(@ITNews)
セキュアVMプロジェクトの成果「BitVisor」、オープンソースとして公開(@ITNews)

 VMKnoppix 5.3.1で実行可能な仮想環境は、Xen、BitVisor、KVM、KQEMU、QEMU、VirtualBox、User-mode Linuxとなっています。

VMKnoppixの起動

 上記の入手先からISOファイルをダウンロードして、VMKnoppixの起動CDを作成します。そして、そのCDを用いてPCを起動します。最初に、GRUBのメニューが表示されます。

画面1
画面1 VMKnoppixのGRUBメニュー

 VMKnoppixのGRUBメニューには、用途に応じて多数の項目が表示されます。[KNOPPIX 5.3.1(normal kernel)]は、KNOPPIXを通常の状態で起動する際に選択します。Xenを使用する場合は[KNOPPIX/Xen3.2.1]を、BitVisorを使用する場合は[BitVisor]を選択してください。[InetBoot-xxxx]はネットワーク経由で、表示されているOSを起動します。

 なお、VMKnoppixはデフォルトの言語が英語になっています。日本語モードにする場合は、[E]キーを押して項目の編集モードに入り、「lang=ja」というカーネルオプションを追加します。

 また、VMKnoppixはeth0の使用が前提となっています。そのため、PCによってはIEEE1394がeth0に割り当てられてしまい、仮想環境を使用することができません。その場合は、カーネルオプションで「nofirewire」を追加するか、BIOSでIEEE1394を無効にしてください。

画面2
画面2 VMKnoppixのデスクトップ

アイコン 仮想環境の実行

 仮想環境を使うためには、それぞれの仮想環境のための準備が必要です。ここでは、各仮想環境の実行方法を説明します。

■Xen

 Xenは、最もポピュラーな仮想マシンソフトウェアの1つです。Xenを使用するときは、専用のカーネルを起動する必要がありますが、最小限のスループットで仮想マシンを実行することができます。

 VMKnoppixでXenを使用する場合、GRUBのメニューで[KNOPPIX/Xen3.2.1]を選択します。Xenの仮想化には、「準仮想化」と「完全仮想化」があります。VMKnoppixでは、その両方を試すことができます。KNOPPIXのデスクトップが表示されたら、rootシェルを起動します(Kメニューの[KNOPPIX]→[Root Shell]を選択)。

 準仮想化の場合は、rootシェルで以下のコマンドを実行します。しばらくすると、VMKnoppixのデスクトップが表示されます。

# knoppixU

 しばらくすると、新しいウィンドウが開いて、もう1つのVMKnoppixが起動します。

画面3
画面3 DomeinUで起動したVMKnoppix

 完全仮想化の場合は、rootシェルでknoppixHVMコマンドを実行します。オプションなしで実行すると仮想マシン上でもVMKnoppixが起動されますが、http://<ISOファイルのURL>file://<ISOファイルの絶対パス>などを指定して、VMKnoppix以外のOSを起動することも可能です。

 例えば、USBメモリに保存したFedora 9のISOファイル(/media/sdb1/Fedora-9-i686-Live.iso)を実行する場合は、以下のコマンドを実行します。

# knoppixHVM file://media/sdb1/Fedora-9-i686-Live.iso

 しばらくすると、新しいウィンドウが開いて、Fedora 9のLive CDが起動します。

画面4
画面4 VMKnoppix上のXenで起動したFedora 9

 knoppixHVMコマンドで起動した仮想マシンでは、ゲストOS(仮想マシン上で動作するOS)とホストOS(実機で動作するVMKnoppix)の入力切り替えを行わなければなりません。ゲストOSに入力する場合は、仮想マシンのウィンドウをクリックします。ホストOSに入力する場合は、[Ctrl]+[Alt]キーを押します。

【関連記事】
連載記事 「実践! Xenで実現するサーバ統合」
仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう
NICに仮想化支援を入れスループットを大幅改善、Xen(@ITNews)

■KVM/QEMU/KQEMU

 KVM(Kernel-based Virtual Machine)はLinuxカーネル組み込みの仮想マシン、QEMUはオープンソースのPCエミュレータ、KQEMUはQEMUのアクセラレータモジュールです。

 VMKnoppixでKVM/QEMU/KQEMUを使用する場合、GRUBのメニューで[KNOPPIX 5.3.1(normal kernel)]を選択します。KNOPPIXのデスクトップが表示されたら、rootシェルを起動して(Kメニューの[KNOPPIX]→[Root Shell]を選択)、qemu-knoppix.shというシェルスクリプトを実行します。qemu-knoppix.shは、KVM/QEMU/KQEMUの環境を自動認識し、適切なドライバを読み込みます。

 qemu-knoppix.shでは、デフォルトではもう1つのVMKnoppixが起動しますが、Xenの完全仮想化と同様にhttp://<ISOファイルのURL>file://<ISOファイルの絶対パス>などを指定して、VMKnoppix以外のOSを起動することも可能です。

# qemu-knoppix.sh file://media/sdb1/Fedora-9-i686-Live.iso

【注意】
KVMの場合、ゲストOSの起動時にはGRUBで「nolapic」オプションを指定しなければなりません

 しばらくすると、新しいウィンドウが開いて、Fedora 9のLive CDが起動します。

画面5
画面5 VMKnoppix上のKVMで起動したFedora 9

 KVM/QEMU/KQEMUでも、ゲストOS(仮想マシン上で動作するOS)とホストOS(実機で動作するVMKnoppix)の入力切り替えを行わなければなりません。ゲストOSに入力する場合は仮想マシンのウィンドウをクリックします。ホストOSに入力する場合は、[Ctrl]+[Alt]キーを押します。

 また、qemu-knoppix.shでは、以下のオプションを指定することにより、特定のモジュールの読み込みをキャンセルすることができます(例えば、-no-kvm-no-kqemuを同時に指定することも可能)。

オプション 意味
-no-kvm KVMカーネルモジュールを読み込まない(QEMUまたはKQEMUモードで起動する)
-no-kqemu KQEMUカーネルモジュールを読み込まない(KVMまたはQEMUモードで起動する)
-no-module カーネルモジュールを読み込まない(QEMUモードで起動する)
表1 qemu-knoppix.shのオプション設定

【関連記事】
カーネルの仮想化機能「KVM」を使うには
仮想化技術「KVM」の高速化パッチ登場!

 
1/2

Index
Linuxで動く便利ツール
 複数の仮想環境を利用できる「VMKnoppix」
Page 1
概要
VMKnoppixの起動
仮想環境の実行
  Xen
  KVM/QEMU/KQEMU
  Page 2
仮想環境の実行(2)
  BitVisor
  VirtualBox
  User-mode Linux

Linux Squareプロダクトレビュー


 Linux Squareフォーラム 製品情報・レビュー関連記事
特集:2007年、Linuxディストリビューションの歩みを振り返る
商用、非商用ともにメジャーバージョンアップが相次いだ2007年。主なディストリビューションを取り上げ、アップデート内容を紹介します
プロダクトレビュー[Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CD]
海外のみならず日本国内でも人気急上昇中のUbuntu。優れたインターフェイスを備えるとともに、豊富な機能がコンパクトにパッケージされている
特集:業務で使うデスクトップLinux カタログ
定型業務さえこなせればよいという部門も多い企業環境は、コンシューマ市場以上にLinuxへの移行が容易ともいえる。そこで、6つのLinuxディストリビューションを紹介する
特集:Linuxで動くリレーショナルデータベース・カタログ
データベースサーバのOSとしてLinuxを採用するケースが増えている。Linuxで動作する7つの主なリレーショナルデータベースを紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Windowsで動くXサーバ・カタログ
やや特殊な用途に用いられてきたXサーバだが、活用しだいでは普通の管理用途にも有用だ。そこで、Windowsで動作する6本のXサーバを紹介する。選択の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くJavaアプリケーションサーバ・カタログ
アプリケーションサーバは、いま最も開発競争が激しいジャンルの1つだ。その中から、Linuxに対応する5つの商用製品を紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くWebグループウェア・カタログ
Linuxを業務用サーバに採用するケースも増えている。そこで、Linuxをサーバとして利用するWebベースのグループウェアを紹介しよう

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH