Linux Tips

シングルユーザーモードでの起動を禁止するには

北浦訓行
2001/3/22

 シングルユーザーモードで無条件にrootでログインできてしまう対策として、LILOにパスワードを設定するにはで、パスワードを入力しなければLILOから先に進めなくなる方法を紹介した。

 この方法だと、パスワードがもう1つ増えてしまうことになり煩雑だ(rootと同じパスワードを設定すればいいのかもしれないが、lilo.confで設定するパスワードは暗号化されないので危険)。シングルユーザーモードで起動するときにも、rootのパスワードが必要になれば、LILOにパスワードを設定しなくても問題はない。

 シングルユーザーモードでの起動時にrootパスワードの入力を行わせるには、/etc/inittabに以下の設定を追加する。

~~:S:wait:/sbin/sulogin

 システムをシングルユーザーモードで再起動すると、

Give root password for maintenance
(or type Control-D for normal startup):

というメッセージが表示される。ここで、rootのパスワードを入力すると、シェルが起動する。

 [Ctrl]+[D]キーを押すと、新しいハードウェアのチェックプロセスなどが始まり、通常のログイン画面となる。

 この方法を実践する場合は、LILOに設定したパスワードは解除しておくことをお勧めする。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH