Linux Tips

VMwareでISOイメージを使ってLinuxをインストールするには

北浦訓行
2003/7/3

 VMwareは、OSやアプリケーションの評価を行ったり、複数のOSを切り替えて使う場合などにとても便利だ。

 多くのディストリビューションは、FTP版などと呼ばれるフリーバージョンをFTPサイトで公開している。これらはISOイメージ(CD-ROMの内容を1つのファイルにまとめたもの)で公開されるケースが多い。そのファイルをダウンロードして、CD-R/RWに焼いたり(LinuxのインストールCDを作成するには参照)、ネットワーク経由でインストールする(NFS経由でLinuxをインストールするには(CD-ROM 1枚編)参照)。

 VMwareでゲストOSとしてLinuxをインストールする際、CD-ROMを使うこともできるが、ISOイメージをそのまま利用できる。この方法のメリットは、

  • CD-R/RWを焼く手間や時間が省ける
  • CD-Rのメディア代が節約できるし、環境に優しい

などがある。

 ISOイメージを使ってLinuxをインストールするには、新規の仮想マシンを作成してその仮想マシンを選択し、[Edit]メニューの[Virtual Machine Settings]をクリックする()。[Virtual Machine Control Panel]ダイアログボックスが表示されるので、デバイスの一覧から[CD-ROM 1]を選択する。

注:日本語版を使っている方は、日本語のメニューに読み替えていただきたい。

 ダイアログボックスの右側にCD-ROMに関する設定項目が表示されるので、[Use ISO image]をオンにし、[Browse]ボタンをクリックして1枚目のISOイメージを選択する(Red Hat Linux 9の場合はshrike-i386-disc1.iso)。[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じたら、仮想マシンの電源を入れて通常の手順でインストールを始める。

[Virtual Machine Control Panel]ダイアログボックス

 CD-ROMの交換を求めるメッセージが表示されたら、[Ctrl]+[Alt]キーを押して仮想マシンからマウスポインタをリリースする。そして、1枚目のCD-ROMを指定したときと同様の手順で、2枚目のISOイメージ(Red Hat Linux 9の場合はshrike-i386-disc2.iso)を指定する。そして仮想マシンに制御を戻して、CD-ROMの交換を求めるメッセージにある[OK]ボタンをクリックする。

 以下、3枚目も同様に作業すると、インストールは終了だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH