Linux Tips

KNOPPIXの設定をディスクに保存するには

北浦訓行
2003/10/23

 ファイルシステムを強制的にチェックするにはでも紹介したが、KNOPPIX(クノーピクス)は、1枚のCD-ROMから起動できるLinuxディストリビューションだ。ドイツのKlaus Knopper氏がDebian GNU/Linuxをベースに開発し、独立行政法人 産業技術総合研究所 情報処理研究部門が日本語化を行っている。日本語版KNOPPIX(原稿執筆時点での最新版はバージョン3.3)は、産総研のWebサイト(http://unit.aist.go.jp/it/knoppix/)から入手できる。

 一般的に、1CD-ROM Linuxというと、ハードディスクで運用しているLinuxにトラブルが生じたときに、ハードディスクの内容を取り出したり、復旧させることを目的としていて、必要最小限のツールがインストールされているだけというイメージがある。しかし、KNOPPIXはcloopという圧縮ループバックファイルシステムを採用して、約1.7Gbytesの容量を700MbytesのCD-ROMに収めている。そのため、KNOPPIXでPCを起動すると、最初からKDEが起動して、MozillaやSylpheed、OpenOffice.orgなどの大規模なアプリケーションプログラムもデフォルトで使用できる。

 また、ハードウェアの自動認識機能も優れていて、ほとんどのPCでX Window Systemを起動することが可能だ。自動起動できない場合でも、例えばVAIOノートのように、起動時に「vaio nopcmcia」オプションを付加することによって起動できる場合もある。

日本語版KNOPPIX 3.3の起動画面

 KNOPPIXは書き込みできないCD-ROMを起動メディアに使っているため、再起動すると変更した設定は無効になってしまう。しかし、KNOPPIXにはそれを回避するために、設定をハードディスクやフロッピーディスクなどのストレージに保存する仕掛けがある。

 フロッピーディスクに設定を保存する場合は、あらかじめDOSまたはext2でフォーマットしておく。そして、メインメニューの[KNOPPIX]−[Configure]−[KNOPPIXの設定を保存]を選択すると、[KNOPPIX用の設定アーカイブを作成]ダイアログボックスが表示されるので、保存する設定ファイルを選択して[OK]ボタンをクリックする。

保存する設定ファイルを選択する[KNOPPIX用の設定アーカイブを作成]画面

 次に、設定ファイルを保存するディレクトリ(デバイス)を選択する画面が表示される。ハードディスクを選択できるのであればその方が処理は速いが、フロッピーディスクも選択可能だ。

設定ファイルの保存デバイスを選択する[KNOPPIX用の設定アーカイブを作成]画面

 これで、選択したデバイスに設定ファイルが保存される。保存した設定を次回起動時に有効にするには、「boot」プロンプトが表示された時点で以下のコマンドを入力すればいい。

knoppix myconfig=/mnt/auto/floppy ←フロッピーディスクに保存した場合

 また、以下のように設定ファイルを自動検出することも可能だ。

knoppix myconfig=scan

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH