Linux Tips

ヒストリ機能を無効にするには

北浦訓行
2003/12/4

 bashには、実行したコマンドの履歴を保存するヒストリ機能がある(過去に実行したコマンドを再実行するには参照)。セキュリティ上の理由などでこの機能を無効にするときは、環境変数のHISTSIZEに「0」を設定する。すると、コマンドの履歴が記録されなくなる。この状態は、ログアウトかHISTSIZEを再変更するまで続く。ちなみに、HISTSIZEは、記憶するコマンドの最大数を指定する環境変数で、初期設定は1000になっている。

$ export HISTSIZE=0
$ ls
(省略)
$ history
$ ←ヒストリが表示されない

 また、実行したコマンドの履歴は~/.bash_historyに保存されるため、ログアウトして再ログインしても、ログアウト前に実行したコマンドの履歴を確認することができる。~/.bash_historyに保存する履歴の数は、環境変数のHISTFILESIZEで設定されている。デフォルトは、こちらも「1000」だ。以下のように設定すると、コマンドの履歴が~/.bash_historyには保存されなくなる。

$ export HISTFILESIZE=0
$ ls -l ~/.bash_history
-rw-------  1 nori   nori      0 Nov 17 16:55 /home/nori/.bash_history
注:/home/nori/.bash_historyのファイルサイズが「0」になっている

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH