Linux Tips

Anthyの状態を表示するには

北浦訓行
2005/8/4

 連文節変換エンジンAnthyを使うにはで紹介したAnthyは、デフォルトではオン/オフの状態が表示されない。しかし、uimには現在の状態を表示するためのアプレットがいくつか用意されている。

 例えば、Windowsのようにデスクトップ右下に入力メソッドの状態を表示する場合は、uimアプレットを使う。Fedora CoreのGNOMEでは、デスクトップの下部に[ウィンドウの一覧]および[ワークスペース切り換え器]というアイテムが表示されている。ここでは、[ワークスペース切り換え器]の左側にAnthyの状態を表示するアプレットを置いてみる。

 最初に、[ワークスペース切り換え器]の左側のグレーの帯を右クリックして、表示されるメニューの[パネルへ追加]を選択する。すると、[パネルへ追加]ダイアログボックスが表示されるので、その中の[uimアプレット]を選択して[追加]ボタンをクリックする。

[パネルへ追加]ダイアログボックス

 [ワークスペース切り換え器]の左側にuim用のパネルが表示される。デスクトップにウィンドウがまったく表示されていない場合は、[x]という小さなパネルが表示されるだけかもしれないが、[GNOME端末]などのウィンドウを開くと、[ワークスペース切り換え器]と同じくらいの大きさに変わる。

uimアプレット

 場所を移動するには、uimアプレットを右クリックして[移動]を選択し、マウスをドラッグする。

 フロート状態にして、デスクトップ上の任意の位置に配置するなら、uim-toolbar-gtkを使う。ターミナルエミュレータでuim-toolbar-gtkコマンドを実行すると、デスクトップの右下にuimアプレットと同じツールバーが表示される。

$ uim-toolbar-gtk &
[1] 31590

 上記のように、コマンドの末尾に「&」を付けると、バックグラウンドで実行される。

フロート状態のuim-toolbar-gtk

 終了するには、uim-toolbar-gtkの実行時に表示された数字を引数にしてkillコマンドを実行する。

$ kill 31590

 また、通知スペース(デスクトップ右上の日付や時刻などが表示されている領域)に表示することも可能だ。この場合はuim-toolbar-gtk-systrayコマンドを実行する。

$ uim-toolbar-gtk-systray &

 通知スペースに[a]というアイコンが表示される。入力メソッドをオンにすると[あ]という形に変わる。設定などを変更したいときはアイコンを右クリックして、表示されるメニューから選択する。

通知スペースに表示されたuim-toolbar-gtk-systray

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH