Linux Tips

特定のファイルをyumのアップデート対象から外すには

北浦訓行
2005/8/25

 「カーネルをアップデートしたくない」「アップデート用のファイルがコンフリクトを起こしてアップデートできない」などの理由で、特定のファイルをyumによるアップデート対象から外す場合は、/etc/yum.confに設定を追加する。具体的には、

exclude=ファイル名

と記述する。

 ワイルドカードを使用することも可能だ。例えば、カーネルをアップデート対象から外す場合は、

exclude=kernel*

とする。また、

exclude=kernel* gain*

のように、複数ファイルを指定することも可能だ。

 上記の方法で特定のファイルをアップデート対象から外すと、指定したファイルのアップデータが存在しても何も表示されなくなる()ので注意が必要だ。一時的にアップデートの対象外にする場合は、yumで複数の設定ファイルを使い分けるにはで説明した方法で設定ファイルを別に作成して、必要なときだけそちらを使うようにすることをお勧めする。

注:「Excluding Packages in global exclude list」というメッセージは表示される。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH