Linux Tips

USBフラッシュメモリでFedora Core 6をインストールするには

北浦訓行
2006/10/26

 CD-Rを焼かずにFedora Core 4をインストールするにはでは、Fedora CoreのレスキューCDを利用してFedora Core 4のインストールを行った。今回はレスキューCDを用意せず、USBフラッシュメモリ(USBメモリ)を利用する方法を紹介する。つまり、USBメモリにインストール用の起動イメージを作成して、ネットワークから必要なファイルをインストールする。

注:BIOSがUSBメモリからのブートをサポートしている必要がある。

 Fedora Coreには、diskboot.imgというUSBメモリ用の起動イメージが用意されている。ミラーサイト(riken.go.jpの場合は/Linux/fedora/core/6/i386/os/images/diskboot.img)からこのファイルをダウンロードして、USBメモリに書き込む(Windowsでの書き込みはLinuxの起動イメージファイルをWindowsで展開するには参照)。

注:この作業を行うと、USBメモリのデータは消去される。必要なファイルは事前にバックアップすることをお勧めする。

# dd if=diskboot.img of=/dev/sda

 USBメモリへの書き込みが完了したらシステムを再起動して、BIOS設定メニューを表示する。BIOSがUSBメモリからのブートに対応していれば、[Boot]メニューに[USB:xxxxxx USB Flash Disk]などと表示される。この項目の起動順位をHDDよりも上位に設定する。これで、Fedora Core 6のインストール画面が起動時に表示される。

 次に、CD-Rを焼かずにFedora Core 4をインストールするにはと同じ手順でインストールを行う。ただし、Fedora Core 6の場合はFTPサーバのアドレスやディレクトリを指定する画面で、

FTPサイト名:ftp.riken.go.jp
Fedora Coreディレクトリ:/Linux/fedora/core/6/i386/os/

と入力する必要がある(kddlabs.co.jpなどのFTPサイトも指定可能)。

注:今回の内容はFedora Core 5でも有効である。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本...

心の扉を開くBtoBコミュニケーション――紙のDMの意外な力
BtoBにおける購買担当者の“心”の扉を開くにはどうすればよいのか? IT時代と言われる現...

第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...