Linux Tips

Fedora Core 6でカーネルをリプレイスするには

北浦訓行
2006/11/9

 2006年10月24日にリリースされたFedora Core 6(FC6)のインストーラ(anaconda)には、i686のシステムにi586のカーネルをインストールしてしまうバグが存在する(原稿執筆時点では、修正版はリリースされていない)。そのため、カーネルの入れ替えが必要になる場合がある。ここでは、i586のカーネルを削除して、カーネルをi686にリプレイスする方法を紹介する。

 まず、使用しているPCのCPUアーキテクチャとインストールされているカーネルのアーキテクチャを調べる。

$ uname -m ←CPUアーキテクチャを確認
i686
$ yum list kernel ←インストールされているカーネルを確認
(省略)
Installed Packages
kernel.i586               2.6.18-1.2798.fc6      installed
Available Packages
kernel.i686               2.6.18-1.2798.fc6      core

 上記のように、CPUアーキテクチャがi686であるのにi586のカーネルがインストールされている場合は、以降の作業を行うことでi586のカーネルをi686にリプレイスすることができる。

 はじめに、作業の流れを以下に示す。

  1. 「作業用カーネル」をインストールする
  2. 「作業用カーネル」でシステムを起動する
  3. i586カーネルを削除する
  4. i686カーネルをインストールする
  5. 「作業用カーネル」を削除する

 ここでは、PAEカーネル(注)を「作業用カーネル」として利用する。

注:PAEカーネルとは、PAE(Physical Address Extension:物理アドレス拡張 http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/89/19853689.html)をサポートするカーネル。

 ここから手順に沿ってリプレイス作業を進めよう。はじめに、PAEカーネルをインストールする。

# yum install kernel-PAE

 PAEカーネルをインストールしたらシステムを再起動し、GRUBで[Fedora Core (2.6.18-2798.fc6PAE)]を選択する。

GRUBでPAEカーネルを選択してFC6を起動する

 FC6が起動したら、以下のようにi586カーネルを削除する。

# yum remove kernel.i586
(省略)
===================================================================
 Package       Arch       Version          Repository        Size
===================================================================
Removing:
 kernel        i586       2.6.18-1.2798.fc6  installed       43 M

Transaction Summary
===================================================================
Install      0 Package(s)
Update       0 Package(s)
Remove       1 Package(s)

Is this ok [y/N]: y←「y」を入力して[Enter]キーを押す
(省略)

 次にi686のカーネルをインストールする。

# yum install kernel.i686
(省略)
===================================================================
 Package       Arch       Version          Repository        Size
===================================================================
Installing:
 kernel        i686       2.6.18-1.2798.fc6  core            16 M

Transaction Summary
===================================================================
Install      1 Package(s)
Update       0 Package(s)
Remove       0 Package(s)

Total download size: 16 M
Is this ok [y/N]: y←「y」を入力して[Enter]キーを押す
(省略)

 上記の作業が完了したら、インストールしたi686のカーネルでシステムを再起動する。

 最後に、PAEカーネルを削除すれば作業は完了だ。

# yum remove kernel-PAE ←PAEカーネルの削除

 以下のコマンドで、i686のカーネルがインストールされていることを確認できる。

# yum list kernel
(省略)
Installed Packages
kernel.i686               2.6.18-1.2798.fc6      installed
Available Packages
kernel.i586               2.6.18-1.2798.fc6      core

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH