Linux Tips

ファイル一覧データベースから特定のディレクトリを除外するには

北浦訓行
2007/2/14

 ファイル一覧データベースを更新するには(mlocate編)では、ファイル一覧データベースの更新について説明した。ここでは、特定のディレクトリや常時接続していないリムーバブルメディア、ネットワークドライブなどを更新の対象から除外する方法を紹介する。

 ファイル一覧データベースの更新対象から外したいディレクトリを/etc/updatedb.confに指定する。初期設定は以下のようになっている。

PRUNEFS = "auto afs iso9660 sfs udf" ←更新対象から外す
ファイルシステム

PRUNEPATHS = "/afs /media /net /sfs /tmp /udev /var/spool/cups
/var/spool/squid /var/tmp" ←更新対象から外すディレクトリ

 例えば、NFSとFTPFSのファイルシステムを更新対象から外す場合は、以下のように「PRUNEFS = 」の行にnfsとftpfsを追加する。

PRUNEFS = "auto afs iso9660 sfs udf nfs ftpfs"
PRUNEPATHS = "/afs /media /net /sfs /tmp /udev /var/spool/cups
/var/spool/squid /var/tmp"

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH