第3回 Webサービス・クライアントを作ろう

今回は、公開されているWebサービスを利用するクライアントを作成してみよう。基本的なセオリーさえマスターすれば、複雑なWebサービス・クライアントも簡単に作れるようになる。(編集局)

中林 紀彦
日本アイ・ビー・エム株式会社
2003/1/28

 第2回ではKylixからデータベースを操作する方法について解説し、実際にデータベースと連携するWebアプリケーションを作りました。また、簡単なパフォーマンス測定を行って、Kylixで作ったApacheのDSOアプリケーションがパフォーマンスに優れているということも紹介しました。

 第3回は、いよいよ本題の「Webサービス」について紹介します。第1回にも書きましたが、Webサービスの何たるかはXML eXpert eXchangeフォーラムに譲り、ここではアプリケーションを実際に作ることにフォーカスします。本記事で、Webサービスアプリケーションを作る際のコツをつかんでいただけると幸いです。

Webサービスの基本概説

 とはいえ、Webサービスについてごく簡単に解説しておいた方がいいでしょう。

図1 Webサービスの構成

 「サービス」と呼ばれているだけに、サービスの提供者とサービスの利用者が必要です。Webサービスは、提供者と利用者の間でSOAP(Simple Object Access Protocol)というプロトコルを用いて、XMLでメッセージを交換することで実現します()。サービスの内容はあらかじめWSDL(Web Services Description Language)で記述しておき、サービス提供者が公開します()。

 さらに、サービスが増加することを見越してUDDI(Universal Description, Discovery and Integration)と呼ばれるサービスの検索機能も考案され、一部ではすでに利用が始まっています()。

1/3

Index
Kylix 3とDB2で作るWebサービス・アプリケーション
 第3回 Webサービス・クライアントを作ろう
Page 1
Webサービスの基本概説
  Page 2
Webサービス・クライアント作成手法
 素因数分解Webサービスを使ったシンプルなアプリ
 複数のWebサービスを組み合わせたアプリ
  Page 3
Webサービスを使ったWebアプリケーション
 アプリケーションの作成
 Apacheの設定とアプリの実行

連載 Kylix 3とDB2で作るWebサービス・アプリ


 Linux Squareフォーラム プログラミング関連記事
特集:オブジェクト指向に生まれ変わるPHP5[前編]
現在開発中のPHP5は、オブジェクト指向機能が大幅に強化される。次世代PHPはどのような言語になるのか?
特集:Windows開発者に贈る Kylixの全貌
注目の開発環境「Borland Kylix」がいよいよ見えてきた。ここに、英語版の発売を目前に控えたKylixの機能やアーキテクチャを紹介しよう
特集:Kylixプログラミング作法
GUIの構築やコンポーネントとコードの関係、 Object Pascalの仕様など。 これらの点を、実際に日本語ベータ版でプログラミングしながら分かりやすく解説
連載:PHP4で作るWeb-DBシステム(全5回)
PHPはWebサーバとデータベースを結びつけるものだ。そのためPHPでの開発を開始するには、OS、データベース、Webサーバ、そしてPHPと、多くのソフトウェアのインストールを行う必要がある
連載:ステップ・バイ・ステップ・シェルスクリプト(全7回)
Linuxの中でシェルスクリプトはネットワークの設定、デーモンの起動など重要な役割を果たしている。この連載では、シェルスクリプトで実用的なプログラムを組むことを目標にして、シェルの基本的な知識を説明する
連載:Kylix 3とDB2で作るWebサービス・アプリ(全5回)
Kylix 3とDB2 V8.1を使って、Webサービス・アプリを作ってみよう。トライアル版も用意されているので、実際に試しながら読んでほしい

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH