Vistaの地平

第5回 Vistaのハードウェア要件

1.システムの構成を調査する

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2007/03/22

「Vistaの地平」は、Windowsベースの情報システムを管理するIT Proを対象に、Windows Vistaの注目機能について解説する新コーナーです。

Index
Windows Vistaとは何か?
Windows Vistaのユーザー・インターフェイス
カーネルの改良とフォント、セキュリティ機能の強化
TCO抑制に向けた各種運用管理機能が強化されたVista
Vistaのハードウェア要件
より高機能になったVistaのバックアップ機能
管理者権限での実行を制限するユーザー・アカウント制御UAC(前編)
管理者権限での実行を制限するユーザー・アカウント制御UAC(後編)
スパイウェアからコンピュータを保護するWindows Defender
IPv6を取り込んだVistaのネットワーク機能
機能が向上したWindows Vistaのグループ・ポリシー
機能性/実用性がさらに強化されたオフライン・ファイル
Windows Vista SP1
セキュリティが強化されたWindowsファイアウォールの概要
セキュリティが強化されたWindowsファイアウォールの管理

 今回は、Windows Vista(以下Vista)を稼働させるために必要なハードウェア要件について解説する。Vistaを導入する前に行うハードウェア構成の調査や、導入後に行うパフォーマンスの確認について解説する。Vistaで刷新されたウィンドウの描画、管理方法についても触れ、なぜ高機能なグラフィックス・カードが必要となるのかについても解説する。

Vistaのハードウェア要件

 Vistaは従来のWindows XPよりも機能が大幅に強化されているため、Vistaを実行させるために必要なスペックは従来よりもアップしている。少なくとも、メモリ容量とグラフィックス・カードだけは強化することが望ましい。Vistaをインストール、利用するために必要なスペックは、Windows Logo Programなどのドキュメントにおいて、Vista Capable PC/Vista Ready PC仕様としてまとめられている。

項目 Windows Vista Capable PC Windows Vista Premium Ready PC
CPU 800MHz以上のx86、もしくは64bit(x64)アーキテクチャのプロセッサ クロック1GHz以上のx86、もしくは64bit(x64)アーキテクチャのプロセッサ
メモリ 512Mbytes以上 1Gbytes以上
グラフィックス DirectX9をサポートした、SVGA(800×600)以上の解像度のグラフィックス DirectX9をサポートしたグラフィックス・カード。WDDM(Windows Driver Display Model)ドライバ/ピクセル・シェーダ 2.0/32bitカラーのサポート。解像度に応じた十分な量のグラフィックス・メモリ(128MBytes以上)
ディスク 15Gbytes以上の空きのある、20Gbytes以上のサイズのディスク 15Gbytes以上の空きのある、40Gbytes以上のサイズのディスク
光ディスク・ドライブ CD-ROMドライブ DVD-ROMドライブ
Windows Vistaを利用するためのハードウェア要件
Vista Capable PCはVistaが稼働する最低限の仕様、Vista Premium Ready PC(Vista対応PC)は、Aeroを始めとするVistaの豊富な機能を活用するに求められる仕様。

 Vista Capable PCはVistaが稼働する最低限の仕様であり、Vista Homeや、Aero効果などを無効にしたVistaを利用するためのものである。ただしこれはインストール可能な最低限の仕様であり、実際にアプリケーションをインストールして利用するためには、よりハイスペックなVista Premium Ready PC(Vista対応PC)仕様を満たすことが望ましい。Vistaのエディション構成については連載第1回を参照していただきたい。

Windows Vista Upgrade Advisorツールによるアップグレード可能性の検証

 Vistaを利用する場合、新しいコンピュータにクリーン・インストールするだけでなく、現在使用しているWindows XPのコンピュータからアップグレードすることもある(もしくは、下位エディションのVistaから上位エディションへ移行する場合もある)。そのときに重要なのは、現在使用中の周辺機器やそのデバイス・ドライバ、アプリケーションなどがそのまま利用できるかどうかだろう。実際にVistaをインストールしてから互換性の問題が生じたのでは、問題が大きい。

 そこでこのような互換性の問題が発生しないかどうかをチェックするために、マイクロソフトでは「Windows Vista Upgrade Advisor」というツールを提供している。

 上記のページの[Windows Vista Upgrade Advisor のダウンロード]というリンクから Upgrade Advisorのプログラムをダウンロードしてインストール、実行する。するとシステムの現在の構成を調査し、CPUやメモリ、グラフィックス、オーディオ、プリンタといったデバイスやインストールされているアプリケーション・プログラムなどを調査し、その結果がレポートされる。またVistaのエディションごとに、利用可能かどうかなどの結果も表示される。

Windows Vista Upgrade Advisorツール
デバイスやアプリケーションごとに、互換性に問題がないかどうかをチェックするツール。アップグレード対象のOS(Windows XPもしくはWindows Vista)上にインストールし、システムを構成するハードウェア・デバイスや、現在のデバイス・ドライバ、インストールされているアプリケーションなどに互換性問題がないかどうかをチェックする。
  これをクリックするとシステムのスキャンが開始される。

 スキャン結果は次のように表示される。

Windows Vista Upgrade Advisorツールの実行結果画面
デバイスやデバイス・ドライバ、アプリケーションなどの互換性に関する問題点が表示され、Vistaのエディションごとに適合しているかどうかなどの状態が表示される。
  Vistaのエディション。これはVista Businessを導入するに当たっての互換性検証結果である。ほかのエディションを選択することも可能。
  システム構成(CPUやメモリなど)の結果を見るにはこれをクリックする。
  デバイス(プリンタやオーディオ、ほか)に関する結果の表示。ただしすべてのデバイスについて表示されるわけではなく、不明なものについては「情報がない」と表示される。
  Windows Vista適合ロゴを取得したアプリケーションであるか、そうでないか、などの情報が表示される。ただしこの適合ロゴを取得したアプリケーションはまだそう多くない(このシステムの例では、Microsoft .NET FrameworkとMicrosoft Office 2007のみが適合済みとされていた)。
  Vista導入に当たって、事前に行うべき作業の一覧。インストール前にアプリケーションをアンインストールしたり、インストール後にアップグレードを行うべき、といった作業手順が表示される。
  調査したシステムの構成。
  アンインストールするべきアプリケーションの例。

 この結果を見れば、Vistaのエディションごとに導入できるか、互換性の問題点はないか、導入に当たって行うべき作業(アンインストールするか、メーカーのWebサイトへ行って情報を収集するべきか)などが分かる。ただしそのスペックで快適に動作するかどうかといった指標(性能インデックス)が表示されるわけではない。あくまでもVistaの要求仕様に照らして、導入が可能かどうかといった情報が表示されるだけである。性能インデックスは、Vistaの導入後に「Windowsエクスペリエンス インデックス」で調査する必要がある。

Windows Vista Hardware Assessmentツールでリモートからスキャンする

 Windows Vista Upgrade Advisorは、アップグレード対象のシステムにインストールして、Vistaへアップグレードできるかどうかを調査するツールであるが、企業レベルでは少し使いづらいだろう。いちいち調査対象のコンピュータにツールをインストールして操作しなければならないし、リモートから別のコンピュータをスキャンすることもできないからだ。

 Vistaを組織的に大量に導入する予定があるなら、Windows Vista Hardware Assessmentというツールが利用できる。これは、ネットワークの上のコンピュータをスキャンしてその構成を調査し、Vistaの導入に適しているかどうかを調査するためのツールである。結果はExcelファイル(およびWordファイル)で取得できる(ただしまだ英語版しかないので、結果は英語レポートとなる)。

 上記のページの右にある[Get the Windows Vista Hardware Assessment]からツールをダウンロードしてインストールする(インストールの途中でSQL Server 2005 Express Editionが自動的にインターネットからダウンロードされ、インストールされる)。また結果を出力するために、WordとExcel(バージョンは2003か2007)が必要になる。

 Windows Vista Hardware Assessmentツールを起動すると、スキャンする対象のネットワーク名(ドメイン名)とスキャンに使用するユーザー・アカウント名、パスワードの入力が求められる。このユーザー・アカウントを使って対象のコンピュータに接続するので、管理者権限のあるアカウントを指定する。この入力が済むと、あとは自動的にネットワーク上のコンピュータや、Active Directoryに登録されたコンピュータをスキャンし、その結果がExcelやWordのファイルとして出力される。

Windows Vista Hardware Assessmentツールのウィザード起動画面
Windows Vista Hardware Assessmentツールを使えば、ネットワーク上のコンピュータをリモートからスキャンしてその構成を調査し、Windows Vista Capable PCやWindows Vista Premium Ready PC仕様に合致しているかどうかなどをレポートする。ウィザードで指定するのはネットワーク名(ドメイン名)やスキャンに使用するアカウント、パスワードだけである。

 実行が終了すると、次のような形式のレポートが得られる(WordとExcelの両方でレポートされる)。

Windows Vista Hardware Assessmentツールの結果レポート
Windows Vista Hardware Assessmentツールの結果は、WordとExcelで出力される(英語のみだが、特に難しくはないだろう)。これはWordのレポート画面。ハードウェア・アップグレードをせずにVista Premium Ready PCに合致するのは0台、Vista Capable PCに合致するのは16台とレポートされている。
  レポートのグラフ。
 

 INDEX
  Vistaの地平
  第5回 Vistaのハードウェア要件
  1.システムの構成を調査する
    2.Windowsエクスペリエンス・インデックス
    【Column】改良されたVistaの描画アーキテクチャ
 
 「 Vistaの地平 」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH