Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Vista/Windows Server 2008のネットワーク診断ツールを利用する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2008/11/07
対象OS
Windows Vista
Windows Server 2008
ネットワークのトラブル・シューティングのためには、ネットワークの設定やインターネットとの通信の状態などを調査する必要がある。
ネットワークの診断ツールを使うと、設定の確認や通信状態の調査が簡単に行える。

解説

 TIPS「ネットワークの診断ツールを活用する」では、Windows XPやWindows Server 2003におけるネットワークの診断ツールの使い方を紹介した。これらのOSではヘルプとサポート・センターからネットワークの診断ツールを呼び出すことができる(Windows XPの場合は、netshコマンドのdiag guiサブコマンドでも起動可能)。だがWindows VistaやWindows Server 2008の場合は少し呼び出し方法が異なっている。本TIPSではその方法を紹介する。

操作方法

 Windows VistaやWindows Server 2008でネットワークの診断機能を利用するには、タスク・バー上のネットワーク・アイコンを右クリックし、ポップアップ・メニューから[診断と修復]を選択する。

ネットワークの診断ツールの起動
ネットワークの診断ツールを起動するには、タスク・バー上に表示されているネットワーク・アイコンを右クリックして、[診断と修復]を選択する。
ネットワーク・アイコンを右クリックする。
これを選択する。

 もしくは[コントロール パネル]の[ネットワークと共有センター]でネットワーク・インターフェイスの[状態の表示]をクリックし、表示されたネットワーク接続の状態表示画面で[診断]ボタンをクリックする。

ネットワークの診断ツールの起動(2)
ネットワーク接続のプロパティ画面でも診断ツールを起動できる。
これをクリックすると現在のネットワーク・インターフェイスの状態や割り当てられているIPアドレスなどの情報を取得できる。
これをクリックすると診断ツールが起動する。

 [診断と修復]を選択すると(もしくは[診断]ボタンをクリックすると)、すぐに「Windows ネットワーク診断」というダイアログが表示され、ネットワークの診断が実行される。Windows XPのときのように、診断する項目を選択する必要はなく、あらかじめ設定されているチェック項目が自動的に実行される。IPアドレスの確認やDNSサーバ、ゲートウェイ、Proxyサーバのチェック、インターネット(上のWebサーバ)との通信チェックなどが行われる。

 ネットワークが正常であると判断されると、次のような画面が表示される。

ネットワークが正常な場合の画面

 これに対し、何らかの問題が見つかれば、例えば次のような画面が表示される。ネットワークの接続状態や設定パラメータなどをチェックする必要があるだろう。

DNSサーバと通信できない場合のエラー画面

デフォルト・ゲートウェイと通信できない場合のエラー画面

インターネット上のサーバ(Webサーバ)と通信できない場合のエラー画面

 [新しいIP設定を自動的に取得します]や[ネットワーク アダプタのリセット]をクリックすると、DHCPによるIPアドレスの再割り当てやアダプタのリセット(DHCPによるIPアドレスの解放、再取得など)が行われる。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH