Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

プログラムを[プログラムとファイルの検索]の入力ボックスから管理者モードで実行する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2011/06/17
対象OS
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows Server 2008 R2
Windows Vista/7では、UACにより、管理者ユーザーであっても権限が制限されている。
システム管理やネットワークのトラブルシューティングなどでは、管理者に権限が昇格した状態で実行したコマンド・プロンプト(cmd.exe)などを利用しなければならないことも多い。
[プログラムとファイルの検索]の入力ボックスにコマンド名を入力して、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを押すと管理者に権限が昇格した状態でコマンドが実行できる。

解説

 Windows Vista/7、Server 2008/Server 2008 R2などでは、ユーザーが不用意に管理者アカウントでコンピュータを利用することを禁止する「ユーザー・アカウント制御(UAC)」という仕組みが導入されている。そのため、UACが有効なWindows OSでは、管理者ユーザーでログオンしても、システム全体に影響を与える操作を行う際には明示的に許可しなければならない。

TIPS:Windows Vistaでプログラムを管理者モードで実行する

 例えばコマンド・プロンプト上でディスク・デフラグ・ツール(defrag.exe)を実行しようとしても、「操作に必要な特権がないため、ディスク デフラグ ツールを開始できません。」というエラー・メッセージが表示されて、ツールが起動しない。このような場合、[スタート]メニューの[アクセサリ]−[コマンド プロンプト]を右クリックしてコンテキスト・メニューを表示させ、ポップアップ・メニューから[管理者として実行]を選択、コマンド・プロンプトを管理者に権限を昇格した状態にしてから、ツールを実行すればよい。

権限が制限されたコマンド・プロンプトの例
Windows Vista/7の場合、管理者ユーザーであっても操作が制限されているため、ディスク・デフラグ・ツールなどは実行できない。

 同様にほかのプログラムでも、プログラム(実行ファイルやショートカット・メニュー)を右クリックして、[管理者として実行]を選べば管理者に権限が昇格した状態で実行できる。[管理者として実行]を実行すると、[ユーザー アカウント制御]のダイアログが現われ、実行を許可するかどうかを問い合わせるダイアログ・ボックスが表示される。そして[続行](Windows Vista/Windows Server 2008)/[はい](Windows 7/Windows Server 2008 R2)を選択すれば、そのプログラムは管理者に権限が昇格された状態で起動される。

 しかし、いちいち右クリック・メニューから[管理者として実行]を選ぶのは手順が多く、面倒だ。そこで、本稿では簡単にプログラムを[管理者として実行]で実行できる方法を紹介する。

  操作方法

 まず[スタート]ボタンをクリックし(もしくは[Windows]キーを押し)、[プログラムとファイルの検索]の入力ボックスに権限を昇格した状態で実行したいプログラム名を入力する。そして、[Enter]キーではなく、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを押す。これで、プログラムは管理者の権限に昇格した状態で起動する。

[プログラムとファイルの検索]の入力ボックス
[プログラムとファイルの検索]の入力ボックスにプログラム名を入力し、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを押すと、管理者の権限に昇格した状態でプログラムが実行される。
実行したいプログラム名を入力する。その後、[Enter]キーではなく、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを押す。

 例えば、コマンド・プロンプトを管理者権限で起動するには、[プログラムとファイルの検索]の入力ボックスに「cmd」と入力し、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを押す。[ユーザー アカウント制御]のダイアログが現われ、実行を許可するかどうかを問い合わせるダイアログ・ボックスが表示されるので、[続行]/[はい]を選択すれば、コマンド・プロンプトが権限が昇格された状態で起動する。コマンド・プロンプトの場合、ウィンドウ・タイトルの先頭に「管理者」と表示されるので、昇格された状態で実行されていることが分かる。ほかのプログラムでは、見た目で権限が昇格されたことは分かりにくいが、権限の制限から実行できなかった機能などがあった場合は、それらが使えるようになるはずだ。End of Article

権限が昇格された状態で実行されたコマンド・プロンプトのウィンドウ画面
昇格されたコマンド・プロンプトでは、ウィンドウ・タイトルの先頭に「管理者」と表示される。
ウィンドウ・タイトルの先頭に「管理者:」と表示されている場合は、権限が昇格された状態で実行されている。

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH