Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Server 2008にHyper-Vをインストールする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2008/07/25
対象OS
Windows Server 2008
Windows Server 2008向けの仮想化環境Hyper-Vは、正式リリース版がOS本体とは別に公開されている。
Hyper-Vは、仮想化支援機能を備えた64bit CPUと、64bit版Windows Server 2008の組み合わせで利用できる。
Hyper-Vマネージャをインストールすると、リモートからHyper-Vを管理できる。

解説

Windows Server 2008の基礎知識「進化した仮想化機能」
Windows Server 2008の基礎知識「Windows OSに標準搭載された仮想化機能Hyper-V」
連載「Hyper-V実践サーバ統合術」

 Windows Server 2008では、仮想化環境を実現するために「Hyper-V」というハイパーバイザ機能が用意されている。Windows Server 2008にこれを導入することにより、従来のVirtual PCやVirtual Serverよりも高機能で、高性能な仮想環境を実現できる。Hyper-Vの詳細については今後別記事で詳しく取り上げるが、簡単にまとめておくと、ハイパーバイザ・ベースの仮想化機能で実現される高いパフォーマンス、64bit OSのゲストOSサポート、マルチコア(マルチプロセッサ)サポート、より大容量のメモリや仮想ディスクのサポート、より進んだ管理機能などがある。関連記事も参照していただきたい。

 Hyper-VはWindows Server 2008のアドオン機能の1つであるが、2008年4月より販売が開始されたWindows Server 2008にはこのHyper-V機能は含まれていない(Hyper-VのRC版は付属していたが、これは正式なものではない)。その後、2008年6月末にHyper-Vの正式版が完成し、提供が開始された。Windows Server 2008ユーザーならば、これをダウンロードしてインストール、使用することができる。本TIPSでは、このHyper-Vの導入方法について解説する。

 なおHyper-Vの実行だけに特化した実行環境として、Windows Hyper-V Server 2008という製品が無償で公開されている。これについてはTIPS「Windows Hyper-V Server 2008を利用する」を参照していただきたい。

操作方法

Hyper-Vをインストールするための要件

Windows Q&A「64bitプロセッサ」

 Hyper-VはWindows Server 2008向けのアドオン機能であるが、すべてのエディションで利用できるわけではない。64bit CPUを持ち(関連記事参照)、ハードウェアによる仮想化支援機能をサポートするコンピュータ・システムと、64bit版(x64版)のWindows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter Editionが必要となる。32bit版のWindows Server 2008やWebサーバ向けのWindows Web Server 2008、ハイパーバイザ機能を含まないWindows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter without Hyper-Vの各Editionでは利用できない。

 ハードウェアによる仮想化支援機能とは、最近の64bit CPUに実装されている、仮想化ソフトウェアを効率的に実行させるための拡張機能である。具体的には、IntelのIntel-VT(Vertualization Technology)やAMDのAMD-Vが必要である。また不正なコードの実行を禁止するDEP(Data Execution Prevention:データ実行防止。NXやND機能と呼ばれることもある)機能も有効にしておく必要がある。Hyper-Vをインストールする前に、これらの機能をBIOSレベルで有効にしておく。

BIOSによる仮想化機能の有効化
Hyper-Vを利用するためには、ハードウェアによる仮想化支援機能が利用できなければならない。通常はBIOSレベルでこれを有効化しておく必要がある。具体的な設定方法はシステムによって異なるが、一般的にはVirtualization Technologyという項目名で用意されていることが多い。
DEP機能を制御するための項目。これも有効にしておく。ただしシステムによっては常に有効になっており、BIOSでは設定できないものもある。
これを有効にしてからWindows OSをインストールする。このシステム(IntelのCore 2 Duoマシン)のBIOSでは、Intelの開発コード名であった「Vanderpool Technology」という項目名になっている(製品の発売時期が古いため、このような名称を使っている。最近の製品ではVirtualization Technologyとしているものが多い)。

Hyper-VのRTM版をインストールする

 BIOSの設定が終わったら、64bit版のWindows Server 2008をインストールする。次に、Hyper-Vの正式リリース版(RTM版)をダウンロードし、それもインストールする。Windows Server 2008のインストールCD-ROMにもHyper-Vが含まれているが、それはRC版なので、必ず以下のサイトから最新版を入手してインストールすること。

 ダウンロードしたプログラムをダブルクリックしてインストールし、システムを再起動後、Hyper-V機能(役割)を追加する。

 正式リリース版をインストールする前に、すでに以前のベータ版やRC版をインストールして利用している場合は、RTM版をそのままインストールしてはいけない。これらのバージョンからの移行はサポートされていないからだ(設定ファイルなどに互換性がない)。ベータ版からアップグレードする場合は、以前の仮想マシンをすべて削除してから、正式リリース版を上書きインストールする。RC版からアップグレードする場合は、各仮想マシンを削除する必要はないが、状態保存ファイルやスナップショットなどは互換性がないので、仮想マシンを正しくシャットダウンしてから(これで状態保存ファイルは削除される)、スナップショットを削除する。その後、正式リリース版を上書きインストールする。詳細な手順については、上のインストール手順書を参照していただきたい。

Hyper-V機能を追加する

 Hyper-Vの正式リリース版をインストールしたら、次はWindows Server 2008にHyper-V機能を追加する。まず[管理ツール]の[サーバ マネージャ]を起動する。そして[役割の概要]にある[役割の追加]をクリックしてウィザードを起動し、[Hyper-V]を選択して追加インストールする(サーバ・ログオン時にデフォルトで表示されている[初期構成タスク]画面で、[このサーバのカスタマイズ]−[役割の追加]を選んでもよい)。

役割「Hyper-V」の追加
サーバ・マネージャの[役割の概要]にある[役割の追加]をクリックすると、追加する役割の一覧が表示されるので、[Hyper-V]を選択して追加する。Hyper-Vを利用するサーバでは、システムを安定的に稼働させるため、ほかの役割は使わない(追加しない)ようにするのが望ましいとされている(つまり、Hyper-V専用サーバとして運用するのが望ましいということ)。
これを選択してインストールする。
この役割の追加ウィザードの途中でユーザーが指定する項目は、この[仮想ネットワーク]のステップだけである。[仮想ネットワークの追加]画面では、仮想環境で使用するネットワーク・アダプタを選択すること。

■Server CoreでのHyper-Vのインストール

Windows Server 2008「より安全性の高いサーバ構築を可能にするServer Core」

  Server Core環境ではサーバ・マネージャのようなGUI画面は使えないため、コマンド・プロンプト上で作業を行う(関連記事参照)。ダウンロードしたHyper-Vのプログラム・ファイルを実行してインストールした後、次のコマンドを実行してHyper-Vの役割を追加する。

ocsetup "Microsoft-Hyper-V"

 役割を追加後、システムを再起動すると、Hyper-Vが有効になっているはずだ。Hyper-Vが有効になっていると、以下のようなサービスが開始されていることが確認できる(コマンド・プロンプト上で「net start」コマンドを実行する)。

  • Hyper-V イメージ管理サービス
  • Hyper-V ネットワーク管理サービス
  • Hyper-V 仮想マシン管理

Hyper-V管理コンソールをインストール/利用する

 Hyper-Vをインストールしたら、以後はHyper-V用のMMC管理コンソール「Hyper-V マネージャ」でその動作状況を確認したり、仮想マシン(子パーティション)を管理したりできる。

Hyper-V管理コンソール「Hyper-V マネージャ」
Hyper-Vをインストールすると、管理ツールにHyper-Vマネージャが追加される。これは、サーバ・マネージャで見たHyper-Vの管理画面([Hyper-V マネージャ]はこのサブセット)。Hyper-Vに関するイベントやサービスなどもまとめて表示されている。
Hyper-Vがインストールされているとこのように役割が表示される。[役割]−[Hyper-V]はHyper-Vに関する総合的な管理画面。
Hyper-Vの総合情報画面。
Hyper-Vに関するイベント。
Hyper-Vのサービス。

 Hyper-VマネージャはHyper-VがインストールされたホストOS(64bit版Windows Server 2008)上で動作するだけでなく、ほかのWindows OS上にインストールして、リモートから管理することもできる。現在のところ、以下のOS向けのHyper-V管理コンソールが用意されているので、それらをダウンロードしてインストールする。具体的な方法についてはTIPS「Windows Server 2008のHyper-Vをリモートから管理する(ドメイン編)」「Windows Server 2008のHyper-Vをリモートから管理する(HVRemote/ワークグループ編)」を参照していただきたい。

 Hyper-Vマネージャを使用した仮想マシンの作成方法や、ゲストOSをインストールする方法、従来のVirtual PCやVirtual ServerからVHDファイルを移行する方法などについては、今後別TIPSで紹介する。End of Article

  関連リンク
  【Windows Server 2008】(修正)Server Core に Hyper-V をインストールする:フィールドSEあがりの安納です(マイクロソフト エバンジェリスト ブログ)
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
  • ドメインの情報を提供するDNSのコンテンツサーバ (2017/6/22)
     DNSサーバには、ドメインの情報を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく
  • DNS(Domain Name System)とは (2017/6/21)
     インターネット上にあるサーバやサービスの「名前」とIPアドレスとの対応を管理してインターネットを支えている「DNS」。今回は、DNSの役割や構造の概要を解説
  • 第551話 プライバシー保護新時代 2 (2017/6/20)
     サービスの処理実体がクラウドにある以上、ネットサービス利用とプライバシー保護はトレードオフになります……
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH