Windows TIPS
[Network]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

ドメイン一覧にコンピュータが表示されないようにする

解説をスキップして設定方法を読む

デジタルアドバンテージ
2002/12/14
対象OS
Windows NT
Windows 2000 Professional
Windows XP Professional
Windows 2000 Server
Windows 2000 Advanced Server
サーバ・サービスがデフォルトでインストールされるWindows NT/2000/XPをドメインに追加すると、ドメイン一覧に必ずコンピュータが表示される。
しかし管理者によっては、余計なコンピュータが一覧に表示されていると事故の元になるので隠してしまいたいと考えるかもしれない。
一覧への表示/非表示の切り替えは、net configコマンドで簡単に行える。


解説

 デフォルトでサーバ・サービス(フォルダなどをネットワークに対して公開するための機能)が組み込まれるWindows NT/2000/XPでは、コンピュータをネットワークに接続してドメインに参加させると、[ネットワーク コンピュータ]のコンピュータ一覧にアイコンが表示されるようになる。通常は、このアイコンをたどって、そのコンピュータが公開している共有資源にアクセスすることになる。

 しかしネットワーク管理者によっては、余計な事故の原因を作らないように、通常の業務で共有資源を公開しないコンピュータについては、一覧にすら表示してほしくないと考える人もいるだろう。その必要があるなら、コマンドラインのnet configコマンドを使って簡単に設定が行える。


設定方法

「net config server /hidden:yes | no」コマンドを利用する

 ネットワーク・コンピュータ一覧に表示されないようにするには、コマンド・プロンプトで次のコマンドを実行する。

net config server /hidden:yes

 これとは逆に、このコマンドによって、一度非表示にしたコンピュータを再度表示するには、次のようにする。

net config server /hidden:no

 「/hidden:yes」のコマンドを実行すると、レジストリのHKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet
\Services\LanmanServer\Parametersにhiddenという値(REG_DWORD)が追加され(レジストリ値が存在しない場合)、この値として1が保存される。逆に「/hidden:no」を実行すると、値は0になる。従って上記コマンドを実行しなくても、レジストリ・エディタでレジストリの値を編集すれば同様の効果を得ることができる。ただしレジストリを編集するのは危険が伴うので(うっかり不正な値を書き込むと、システムが正常に動作しなくなる可能性がある)、特別な理由がなければ、コマンドを使った方がよいだろう。

 なお、上記のコマンドを実行して非表示を指定しても、すぐにコンピュータ一覧から消えるわけではない。コンピュータ一覧は、Windowsネットワークに属するコンピュータの一覧を保持するコンピュータ・ブラウザによって管理されているが、この情報はリアルタイムでは更新されない。コンピュータ・ブラウザは一定の間隔で情報を更新しているが、編集部で実験したところでは、コンピュータの表示が消去されるまでに1時間程度かかる場合もあった。

 この方法でコンピュータ一覧から非表示にした場合でも、共有サービスそのものは停止せずにそのまま使える状態になっているので、net useコマンドやエクスプローラで、UNCを直接指定してアクセスすれば、従来どおりにそのコンピュータが公開している資源を使うことが可能である。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH