Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ

タスク・バー・ボタンのグループ化表示設定を変更する

解説をスキップして設定方法を読む

デジタルアドバンテージ 正木 理絵子
2005/01/29
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
Windows XPでは、同一アプリケーションが複数のウィンドウで実行された場合、一定数以上になるとタスク・バー・ボタンが1つにまとめられ、グループ化表示されるようになった。
しかし設定を変更すれば、グループ化表示を禁止できる。
また必要なら、グループ化の条件となるウィンドウ数のしきい値を変更することもできる。
 
解説

 Windows OSでは、画面の最下部(デフォルト時)にタスク・バーと呼ばれる領域があり、現在実行中のアプリケーション1つに対して、プッシュ・ボタンが1つ表示されるようになっている。

Windows OSのタスク・バー
通常は画面の最下部にあり、実行中のアプリケーションごとに対応するプッシュ・ボタンが一覧表示される。このボタンをクリックすることで、デスクトップの最前面に表示するアリケーションを選択できる。

 これは、多くのアプリケーションを同時実行している場合でも、テレビのチャンネルを切り替えるような感覚で、操作したいアプリケーション(デスクトップの最前面に表示し、キーボード入力を受け付けるアプリケーション)を選択できるようにしている。

 タスク・バー・ボタンは便利なのだが、いかんせんボタンの数(つまりアプリケーションの数)が増えてくると、1つのボタンがどんどん小さくなり、何がなにやら分からなくなってしまうという欠点があった。

 これに対しWindows XP/Windows Server 2003では、同じアプリケーションが複数のウィンドウ(インスタンス)で実行されている場合、それらが一定以上の数になった段階で、タスク・バー・ボタンを1つにまとめて表示する「グループ化機能」が追加された。

複数のウィンドウのボタンがグループ化表示されたタスク・バー・ボタン
Windows XPでは、同じアプリケーションが複数のウィンドウで実行されており、それらが一定以上の数になったら、タスク・バー・ボタンを1つにまとめて表示するグループ化機能が追加された。
  グループ化されたボタンをクリックすると、このように個々のウィンドウに対応する選択肢がポップアップ・メニュー形式で表示される。

 グループ化されたタスク・バー・ボタンをクリックすると、個々のウィンドウに対応する項目がポップアップ・メニューとして表示される。この中から目的の項目を選択すれば、そのウィンドウをアクティブにできる。

 Windows XP/Windows Server 2003では、デフォルトでこの機能が有効化されている。しかしグループ化表示をしたくなければ、設定を変更できる。またレジストリ値を変更することで、まとめ表示されるウィンドウの個数(「これ以上に増えたらまとめて表示する」というしきい値)を任意に設定することができる。


設定方法

グループ化表示をオフにする

 タスク・バー・ボタンのグループ化表示機能をオフにするには、タスク・バーのプロパティ(タスク・バーのボタン以外の部分で右クリック、表示されるポップアップ・メニューの[プロパティ]実行)で設定を変更する。

[タスク バーと[スタート]メニューのプロパティ]ダイアログ
ここではタスク・バーの各種設定が行える。
  グループ化表示をオフにするには、このチェック・ボックスをオフにする。

グループ化表示のしきい値を変更する

 Windows XP/Windows Server 2003のデフォルト状態では、タスク・バーがいっぱいになったら自動的にグループ化が行われる。画面解像度などの環境にもよるが、ほかのアプリケーションがタスク・バー上になければ、だいたい5つかそれ以上起動した時点でグループ化が始まるだろう。しかし希望するなら、レジストリ・エントリを追加・変更することで、このしきい値を変更できる。

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリ エディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本Windows Server Insider編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。

 これには、レジストリ・エディタで以下の値を新規に追加し、いったんログオフしてから、ログオンしなおす(この設定はユーザーごとに行う必要がある)。

項目 内容
キー HKEY_CURRENT_USERの
\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
値の名前 TaskbarGroupSize
種類 DWORD型
グループ化にしたいウィンドウの数、例えば7とすると、7つ目のウィンドウが開かれた時点でグループ化される

 この値が設定されていると、作成されるウィンドウの数が指定された数値になったときに、グループ化表示が行われる。例えば、7個以上のウィンドウを作成したらグループ化表示するようにしたければ、TaskbarGroupSizeの値として7を設定すればよい。End of Article

  関連リンク
  同じアプリケーションのタスク バー ボタンをグループ化するには(マイクロソフト)
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH