Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

仮想マシンの時刻同期機能を無効にする(VS2005編)

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/11/12
 
対象ソフトウェア
Virtual Server 2005
時間やスケジュールに関するプログラムのテスト時には、仮想マシンのシステム・クロックを自由に進めたり戻したりしたい。
バーチャル・マシン追加機能がインストールされていると、ゲストOSとホストOSのシステム・クロックはデフォルトで同期するようになっている。
自動的な時刻同期機能を無効にするには、バーチャル・マシン追加機能のプロパティで設定する。
 
解説

 Virtual Server 2005(以下VS2005)やVirtual PC 2004(以下VPC2004)を使う目的の1つとして、プログラムのテストがある。例えば月末や期末、年末、年度末などの処理をするプログラムや、(これはもう過去のものだが)2000年問題に対するプログラム、指定された時間に起動するスケジューラなど、ある特定の時間やタイミングに合わせて実行されるプログラムは少なくないが、これらのテストを行うためにVS2005やVPC2005の仮想マシン環境を利用する場合もあるだろう。

 このような時間にクリティカルなプログラムを実行する場合は、仮想マシンの内蔵時計を目的の時間の直前まで進めておき、特定の時間になって期待されたとおりに動作するかどうかを確認する。だがVS2005やVPC2004の仮想マシン環境には、ホストOSのシステム・クロックと自動的に同期する機能が組み込まれており、ゲストOSのシステム・クロックを変更してもすぐに(数秒で)現在の時刻に戻ってしまう。

 この自動的な時刻同期機能は、テストなどの用途の場合には無効にしておきたい。VS2005やVPC2004の設定を変更すればこれを実現できる。本TIPSでは、VS2005におけるこの設定方法について解説する。VPC2004についてはWindows TIPS「仮想マシンの時刻同期機能を無効にする(Virtual PC編)」を参照していただきたい。


操作方法

 VS2005において、ホストOSとゲストOS間における自動的に時刻同期機能を有効にしたり、無効にしたりするには、各仮想マシンの構成情報ページにある「バーチャル マシン追加機能のプロパティ」を使って設定する。

バーチャル・マシン追加機能のプロパティの変更
自動的な時刻同期機能を無効にするには、バーチャル・マシン追加機能のプロパティを変更する。
  これをクリックする。

 バーチャル・マシン追加機能は、ゲストOSとホストOS間でのシームレスなマウス操作や効率的なCPU時間のスケジューリングなどを行う機能である。また自動的な時刻の同期機能も持っているので、それを無効にする。

時刻同期機能を無効にする
ホストOSとゲストOS間での自動的な時刻同期機能の有効/無効はここで設定する。バーチャル・マシン拡張機能をインストールすると、デフォルトではこの機能は有効になっている。このチェック・ボックスで無効にするか、ゲストOSに組み込んだバーチャル・マシン拡張機能そのものをアンインストールする。
  このチェック・ボックスをオフにすると、自動的な時刻の同期は行われなくなるので、ゲストOS側のシステム・クロックを自由に変更/設定できる。ただし仮想マシンの実行中は変更できない。

 仮想マシンの実行中はこの設定を変更することができないので、いったん停止させてから変更する。

 仮想マシンの設定は以上で完了であるが、OSによっては、インターネット上の標準時刻情報源と自動的に同期を取るようになっているものがある。例えばWindows XPやWindows Server 2003は、デフォルトではインターネット上のNTPサーバ(標準時刻サーバ)に接続するようになっているので、それを無効化してから、時刻を変更しよう。End of Article

Windows XPにおけるインターネット時刻同期の無効化
Windows XPやWindows Server 2003では、デフォルトではインターネット上のNTPサーバに接続して時刻を同期させる機能が有効になっている。時間を変更するようなテストの場合には、これも無効化しておく必要がある。
  [日付と時刻のプロパティ]で[インターネット時刻]タブを選択する。ただしドメインに参加している場合はこのタブは表示されず、自動的にドメイン・コントローラと同期するようになっているので、ドメイン・コントローラのシステム・クロックも変更するなどの対策を行う。
  このチェック・ボックスをオフにして、自動的な同期機能を無効にする。
 
関連記事(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:仮想マシンの時刻同期機能を無効にする(Virtual PC編)
  Windows TIPS:NTPでネットワーク全体のマシンの時刻を合わせる
  Windows TIPS:sysprepで環境複製用のマスタ・イメージを作成する
  Windows TIPS:仮想マシンにおける差分ディスクと復元ディスクの違い
  Windows TIPS:物理ディスクの内容を仮想ディスク・ファイルに変換する
  Windows TIPS:仮想ハードディスクのデフラグに注意
  製品レビュー:デスクトップOSのマイグレーションを支援するVirtual PC 2004
  製品レビュー:サーバ・システムの統合/マイグレーションを推進するVirtual Server 2005
  [運用]Windowsネットワーク時刻同期の基礎とノウハウ
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH